英国の経済専門誌「エコノミスト(The Economist)」が発表した2020年1月時点の「ビッグマック指数」によると、VNDはUSDに対して49.8%過小評価されており、2019年7月時点の51.3%から差が縮小した。円はUSDに対して37.5%過小評価されている。

  ビッグマック指数は、全世界のマクドナルドにおいてほぼ同一品質で販売されているビッグマック1個の価格を比較すること・・・・

続きを読む