ドル円は108円台から反発。上値は限られたものの、109円20銭までドルが買われる。株価が上昇し、長期金利も反発したことがドルの支えに。ドルが買い戻されたことでユーロドルは1.10を割り込み、1.0998まで下落。

 株式市場は反発。アップルの決算が好調だったことで市場のセンチメントが好転。ダウは5日ぶりに上昇。他の指数も揃って反発。債券は反落。長期金利は1.65%台に上昇。金は4日ぶりに売られ、原油は反発。

12月耐久財受注         → 2.4%
11月ケース・シラ-住宅価格指数 → 2.55%
1月消費者信頼感指数       → 131.6
1月リッチモンド連銀製造業指数  → 20

ドル/円   108.93 ~ 109.20
ユーロ/ドル 1.0998 ~ 1.1023
ユーロ/円  119.84 ~ 120.33
NYダウ   +187.05 → 28,722.85ドル
GOLD   -7.60   → 1,569.80ドル
WTI    +0.34   → 53.48ドル
米10年国債 +0.048  → 1.656%

本日の注目イベント

豪  第4四半期消費者物価指数
日  日銀金融政策決定会合における主な意見(1月20、21日分)
日  日銀金融政策決定会合議事録(2009年7-12月開催分)
独  2月GFK消費者信頼感
欧  ユーロ圏12月マネーサプライ
米  FOMC 政策金利発表
米  パウエル議長記者会見
米  12月中古住宅販売件数成約指数
米  企業決算 → AT&T、GE、テスラ、フェイスブック、ボーイング、マイクロソフト、マクドナルド

 中国発の新型コロナウイルスの感染が止まりません。昨夜時点で死亡者数は100人を超え、106人となり、感染者の数も一気に4500人を超えてきました。そのうち976人が重症だとも報告されており、亡くなる人の数は急速に増える可能性があります。また、昨日は奈良県で日本人の感染者も確認され、感染者は武漢への渡航歴もなく、バスの運転手であることから、「人から人へ」感染した可能性も否定できないと、厚生労働省の担当者が昨日発表しています。いずれ東京でも感染が確認されると思われ、中国武漢が発生源とみられる今回の新型ウイルスの感染拡大は新たなステージに入ったと思われます。昨日夜羽田を飛び立った政府のチャータ-機は、本日にも武漢から戻って来ると思われますが、その中に感染者がいないことを祈りたいと思います。

 昨日の日経平均株価は予想通り終始軟調な展開で、一時は200円を超える下落でしたが、引け値では128円安でした。NY株の大幅安を受けて売り優勢の流れでしたが、昨日のこの欄でも述べたようにNY株の「ゲーム・チェンジャー」はやはり、アップルの決算発表でした。アップルの10-12月の売上高は918憶ドル(約10兆円)で、前年同期比9%増加し、市場予想を上回りました。iPhoneの需要も回復したようです。また今朝の日経新聞でも今年1-6月のiPhoneの出荷台数が1割程伸びるとの記事もあり、アップルの株価が市場全体のセンチメントに好影響を与え、ダウは187ドル上昇して取引を終えています。

 ドル円も109円台を回復し、109円20銭近辺まで反発しています。それにしても今回の新型ウイルスによる混乱では、株式や原油が大きく売られ、金や債券、あるいはビットコインなど逃避資産が大きく買われました。円もある程度は買われ、ドル安円高が進みましたが、昨日も見られたように、ドル円は108円70-80銭の水準が妙に底堅く、株価の下げの割には下落しない印象でした。特に前日NYダウが500ドルを超える下げを見せ、S&P500も大きく値を下げたことで、「VIX指数」は18台まで上昇し、「恐怖感」が強まっていましたが、この時の通貨の「VIX指数」を見ると反対に下げています。中国との関係が強い豪ドルなどは大きく売られましたが、ドルは円やユーロに対しての下落は限定的でした。もちろん、今後の感染の広がり具合ではわかりませんが、為替市場ではそれほど「恐怖感」は強まっていなかったことを物語っています。

 ただそれでも現時点ではドルの上値は限られると見られます。今後も感染者数と死亡者数は増えると予想され、今回の騒動が収まるには時間が必要です。また、新型ウイルスの特効薬開発には時間がかかります。中国ではひとまず、SARSなどで効果をあげたワクチンを試験的に使っているようですが、効果的な治療方法が見つかるまではまだ予断を許しません。

 本日のドル円の予想レンジは108円80銭~109円50銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)