エスプール <2471> はロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。19年11月期は計画超の大幅増収増益だった。20年11月期も大幅増収増益予想、そして連続増配予想である。収益拡大を期待したい。株価は上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■ロジスティクス、障がい者雇用支援、コールセンターなど人材サービス事業
 
 ビジネスソリューション事業(障がい者雇用支援サービス、ロジスティクスアウトソーシングサービス、セールスサポートサービス、新規事業)、および人材ソリューション事業(コールセンター向け派遣、販売・営業スタッフ派遣、ストアスタッフ派遣など)を展開している。
 
 19年11月期の売上構成比はビジネスソリューション事業が29%、人材ソリューション事業が71%、営業利益構成比(連結調整前)はビジネスソリューション事業が56%、人材ソリューション事業が44%だった。
 
 障がい者雇用支援サービス「わーくはぴねす農園」は19年11月期末時点で18農園を展開し、利用企業数が259社、管理区画数が2961区画、就業障がい者数が1480名となった。
 
 なお営業利益の季節特性として、障がい者雇用支援サービスの売上が伸びる第2四半期、および第4四半期の構成比が高い傾向がある。また20年11月期から配当の基本方針を連結配当性向20%に変更し、株主還元を強化する。
 
■20年11月期大幅増収増益・連続増配予想
 
 19年11月期の連結業績は、売上高が18年11月期比18.4%増の175億22百万円、営業利益が63.1%増の16億04百万円、経常利益が61.4%増の16億26百万円、純利益が74.7%増の10億82百万円だった。配当は1円増配(19年10月1日付株式5分割遡及換算後)の2円(期末一括、普通配当1円40銭+創立20周年記念配当60銭)である。
 
 計画超の大幅増収増益だった。障がい者雇用支援サービスで相対的に利益率の高い設備販売が計画を上回り、ロジスティクスアウトソーシングサービスの収益改善も計画を上回るペースで進展した。
 
 ビジネスソリューション事業は、売上高が12.5%増の50億74百万円(障がい者雇用支援サービス39%増収、ロジスティクスアウトソーシングサービス25%減収、採用支援サービス44%増収など)で、営業利益が76.5%増の15億14百万円だった。
 
 障がい者雇用支援サービスは農園開設、設備販売が順調だった。ロジスティクスアウトソーシングサービスは、配送費値上げに対応して通販発送代行サービスに係る配送費を立替金に変更した影響で大幅減収だが、粗利額に影響は無く、センター稼働率上昇や低収益案件見直しなどで収益改善した。採用支援サービスも増収効果で損益分岐点を安定的に上回った。
 
 人材ソリューション事業は、売上高が20.5%増の125億16百万円(コールセンター業務24%増収、店頭販売支援11%増収)で、営業利益が17.8%増の11億83百万円だった。グループ型派遣が順調に拡大した。
 
 20年11月期連結業績予想は、売上高が19年11月期比17.8%増の206億36百万円、営業利益が24.7%増の20億円、経常利益が22.3%増の19億88百万円、純利益が19.0%増の12億88百万円としている。過去最高を連続更新予想である。配当予想は1円30銭増配の3円30銭(期末一括)で、連続増配となる。
 
 なおセグメント別計画は、ビジネスソリューション事業の売上高が23.2%増の62億14百万円(障がい者雇用支援サービスが28%増収、ロジスティクスアウトソーシングサービスが9%増収、採用支援サービスが37%増収など)で営業利益が19.4%増の18億08百万円、人材ソリューション事業の売上高が15.9%増の145億円(コールセンター業務が14%増収、店頭販売支援が20%増収など)で営業利益が19.1%増の14億10百万円としている。
 
 障がい者雇用支援サービスでは、農園新設4~6施設(既存モデル屋外型3~4施設、第3四半期以降に東京23区中心に展開する新モデル屋内型1~2施設)、設備販売1026区画(既存モデル屋外型738区画、新モデル屋内型288区画)を計画している。採用支援サービス「OMUSUBI」は分社化してエスプールリンクが事業展開する。
 
■株価は上値試す
 
 株価(19年10月1日付で株式5分割)は上場来高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。1月24日の終値は850円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS16円31銭で算出)は約52倍、今期予想配当利回り(会社予想の3円30銭で算出)は約0.4%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS38円42銭で算出)は約22倍、時価総額は約672億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)