中国武漢発の新型コロナウイルスの感染が拡大していることで、金融市場はリスク回避姿勢を強める。ドル円は長期金利の低下もあり109円18銭まで下落。ユーロドルは徐々に水準を下げ、1.1019まで下落。ユーロ円の売りも加速し、120円台半ばまでユーロ安に。株式市場は米国で2例目の感染者が出たことを嫌気し、ダウは4日続落の170ドル安。債券相場は続伸し、長期金利は1,68%台まで低下。金は続伸し1571ドル台に。原油は4日続落。


1月マークイット製造業PMI(速報値)    →  51.7
1月マークイットサービス業PMI(速報値)  →  53.2

ドル/円 109.18 ~ 109.61
ユーロ/ドル 1.1019~ 1.1039 
ユーロ/円  120.39 ~ 120.96
NYダウ  -170.36 → 28,989.36ドル
GOLD   +6.50 → 1,571.90ドル
WTI   -1.40 → 54.19ドル
米10年国債 -0.047 → 1.684%


【本日の注目イベント】

独   独1月ifo景況感指数
米   12月新築住宅販売件数


 中国武漢発の新型コロナウイルスの感染は当初予想していたより急速に拡大しており、感染力も強まっているようです。26日までの発表によると、死者は56人に達し、感染者の数も2000人を超えています。死亡者のうち52人は発生源と見られる湖北省に集中しているようです。中国政府は拡大を防ぐため、武漢につながる交通網を遮断したことに加え、27日からは海外への団体旅行も禁止する措置を取りました。また春節連休の無期延期も決定しています。日本でも4例目の感染が確認されており、米国でも5例目の症例が確認されています。中国の保健当局は、今回の新型コロナウイルスによる肺炎の治療方法を見つける取り組みが行われている間の措置として、米バイオ医薬品会社「アツヴィ」の抗HIV薬「カレトラ」を治療に使用することを発表しています。(ブル-ムバーグ)

 先週末のNY市場では109円台前半で取引を終えたドル円は、週明け早朝には108円80銭台まで円高が進む動きになっています。この先どこまで感染が拡大するかは分りませんが、市場は「降って沸いたような」新型コロナウイルスに、ひとまずリスク回避の姿勢で臨んでいます。年初の米国とイランとの武力衝突が回避され、長い間の懸案事項だった米中貿易協議もひとまず落ち着いて来たのもつかの間、投資家は再び慎重なスタンスが要求されるような展開になりそうです。昨年12月から順調に上昇し、連日最高値を更新してきたNY株式市場でも、ダウが4日続落するなど、これまでとは異なる動きを見せ始めてきました。本日の日本株の動きをはじめ、今週のNY株が大きく下げるようだと、株式市場は長い調整期間に入る可能性も出てきます。好調な米景気への影響も意識せざるを得ない展開も予想されます。

 米大統領選に向け、民主党の候補者争いが熱を帯びてきましたが、初戦のアイオワ州では、指名争いトップを走るバイデン氏が必ずしも優位に立っているわけではなく、主要候補者4名の支持率は拮抗しており、「横一線」と報じられています。候補者が絞られる、3月3日の「ス-パー・チューズデー」に向けて、候補者はそれぞれ支持を訴えますが、やはり最後はバイデン氏に落ち着くのではないかと予想しています。対するトランプ氏も、現職として有利ではありますが、盤石ではないと伝えられています。

 ドル円は今朝がた108円台後半まで売られたことで、一目均衡表の「日足の雲」に入ってきました。これは、今月8日にイランが米国の軍事施設を攻撃して107円台まで円高が進んだ日以来のことです。この先どこまで円高が進むかは感染の拡大が止まるかどうかにかかっています。今のところ感染による死者は中国国内に限定されていますが、これが日本や米国国内でも発生するようだと、投資家は一段とリスク回避姿勢を強め、感染が長期化するようだと経済への影響も無視できない状況になります。特に日本では春節での中国からの観光客が激減することから影響は大きいと思われます。今週は、中国からの感染の情報に細心の注意を払いながら株価の行方を追う展開になりそうです。

本日の予想レンジは108円30銭~109円30銭程度としたいと思います。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)