京写 <6837> (JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。20年3月期は需要低迷の影響で減益予想だが、21年3月期の利益V字回復を期待したい。1月15日には、世界初のノンシリコーンでも高温工程で繰り返し使用可能な部品搬送用キャリアの開発を発表した。これを材料視する形で株価は急伸している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。なお1月31日に第3四半期決算発表を予定している。 <・・・・

続きを読む