商工省によると、ベトナムはこれまでに14件の自由貿易協定(FTA)を締結している。このうち13件が発効済み、1件(ベトナムEU自由貿易協定=EVFTA)が発効待ちで、さらに3件について交渉中だ。

  ベトナムは世界230か国・地域との間で貿易関係を築いており、このうち60か国・地域とFTAを結んでいる。ベトナムは開放度の高い市場となり、FTAによる恩恵を着実に享受している。

  例えば、米国抜きの新たな環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(TPP11=CPTPP)」が2019年1月に発効したことが功を奏し、2019年におけるベトナムの対カナダ輸出額は前年比+28.2%増の38億6000万USD(約4200億円)、対メキシコ輸出額は同+26.8%増の28億4000万USD(約3100億円)に増加した。ベトナムはCPTPP締結国に対し輸出超過となっている。

  なお、原産地証明書(C/O)の利用により低い関税率となる FTA 特恵関税が適用される比率は2019年11月までに39%となっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)