アールシーコア <7837> (JQ)はログハウス「BESS」を販売している。20年3月期は一過性要因が一巡し、生産革新効果も寄与して黒字化予想である。収益改善を期待したい。株価は小動きだが徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。
 
■ログハウスのオリジナルブランド「BESS」を販売
 
 自然材をふんだんに使った個性的な木の家であるログハウスのオリジナルブランド「BESS」の販売を、国内直販部門、連結子会社BESSパートナーズ(BP)社、および国内販社で展開している。19年3月期のセグメント別売上構成比は直販部門が32%、販社部門が52%、BP社が17%である。FCを中心とした事業展開で高資本効率を実現している。
 
 19年3月期末の展示場は45拠点である。18年4月からは単独展示場の呼称を「LOGWAY」に変更し、東京都昭島市に直営の「LOGWAY BESS多摩」をオープンした。東京・代官山「BESS スクエア」および神奈川・藤沢市「BESS 藤沢」に続く3ヶ所目の直営拠点である。
 
 収益は直販部門とBP社の「BESS」売上、販社からのロイヤリティ収入および販社へのキット部材売上などである。四半期収益は物件引き渡し件数・時期などで変動しやすい特性がある。
 
 中期経営計画(18年3月期~20年3月期)では目標数値に20年3月期売上高200億円、営業利益率8%、ROE18%、重点戦略にBESSファンが集う「触媒力」の拡大、新時代の暮らし方「梺(ふもと)ぐらし」創出、BESSブランドを旗印とした「販社制度」の強化、そして「生産革新」の実行を掲げている。
 
■20年3月期黒字化予想
 
 20年3月期の連結業績予想は、売上高が19年3月期比53.3%増の190億円、営業利益が3億30百万円の黒字(19年3月期は6億35百万円の赤字)、経常利益が2億80百万円の黒字(同6億80百万円の赤字)、純利益が2億円の黒字(同5億41百万円の赤字)としている。配当予想は19年3月期と同額の50円(第2四半期末25円、期末25円)である。
 
 19年3月期の一過性要因(カナダ山火事の影響によるカナダ材調達難、一部販社経営難に伴う工事・拠点承継に係る費用発生、LOGWAY BESS多摩オープンに伴う費用先行)が一巡し、高水準の期首受注残高(19年3月末時点で18年3月期末比56.3%増の139億60百万円)や、生産革新(BH生産システム)効果などにより、黒字化予想である。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比38.7%増の81億52百万円、営業利益が2億12百万円の赤字(前年同期は3億50百万円の赤字)、経常利益が2億05百万円の赤字(同3億51百万円の赤字)、純利益が2億57百万円の赤字(同2億16百万円の赤字)だった。受注高は9.4%増の73億99百万円、受注残高は136億88百万円だった。
 
 売上高は、直販部門において前年オープンしたBESS多摩も寄与して大幅増収だった。営業利益は、前期からのカナダ材調達難に伴う納品遅れ、経営難の販社からBP社が承継した6拠点の運営経費先行負担などで赤字だったが、前年比では増収効果で赤字が縮小した。また営業利益を四半期別に見ると、第1四半期が4億11百万円の赤字だったのに対して、第2四半期は1億99百万円の黒字となった。収益改善が進展している。
 
 通期は一過性要因が一巡し、生産革新効果も寄与して黒字化予想である。第2四半期累計は営業赤字が残ったが、期初時点で上期は拠点増の費用負担が発生し、下期から収益回復の見込みとしている。通期ベースで収益改善を期待したい。
 
■株主優待は3月末と9月末の株主対象
 
 利益配分については、DOE(純資産配当率)を重視した長期的視点での安定配当を行うことを基本とし、当面はDOEを7%程度まで高めることを目標としている。株主優待制度(毎年3月末および9月末時点の株主対象)については、優待内容を一部変更(BESS住宅新築工事割引の廃止を20年3月末基準日から適用。詳細は会社HP参照)する。
 
■株価は下値切り上げ
 
 株価は小動きだが徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。1月9日の終値は1008円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS47円48銭で算出)は約21倍、今期予想配当利回り(会社予想の50円で算出)は約5.0%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS900円81銭で算出)は約1.1倍、時価総額は約45億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)