綿半ホールディングス <3199> は、前日7日に16の円安の1870円と3営業日続落して引け、連日の昨年来安値更新となった。昨年7月につけた昨年来高値2576円から6カ月目に入り高値期日売りに押され下値模索を続けた。ただ、昨年末に相次いで発表した連結子会社の商号変更とホームセンター業態の店舗のスーパーセンター化の移転リニューアルは、ネット通販とリアル店舗の強化につながる見込みであり、期日向かいの逆張り好機も示唆している。今2020年3月期業績の5期連続の過去最高更新、配当の5期連続増配も、株価底上げ材料として再評価されよう。
 
■商号変更でデジタルイノベーションを加速しリアル店舗の競争力も強化
 
 商号変更する子会社は、2018年12月に20億円強で株式を取得したアベルネット(東京都新宿区)で、今年4月に新商号を綿半ドットコムとする。同子会社は、インターネット通販の黎明期から家電・パソコンなどを販売する通販サイト「PCボンバー」を展開しており、蓄積したノウハウを綿半HDと共有するとともに、子会社化とともに新たにプロ向け建設資材の販売を開始して相乗効果を高めている。綿半HDの月次全店売上高は、このアベルネットがグループ入りとともに昨年12月以来、昨年11月まで12カ月連続で前年同月比プラスとなった。今回の商号変更で、グループ全体のデジタルイノベーションにより拍車を掛ける。
 
 一方、店舗を移転リニューアルオープンするのは、綿半ホームエイド中野店(長野県中野市)で、今年4月に移転するとともに、従来のホームセンター商材に加えて青果、肉、魚、総菜などの食品や日用品も取り扱うスーパーセンター業態に大きくリニューアルする。また同社は、昨年11月に綿半スーパーセンター豊科店(長野県安曇野市)に魚介類を生きた状態のまま加工・販売するいけすを設置、これを今年は全店に導入することを計画しており、店舗競争力の強化につながる。
 
 ベースとなる今2020年3月期業績も好調である。売り上げ1142億4500万円(前期比7.3%増)、営業利益26億7300万円(同13.0%増)、経常利益28億1100万円(同12.2%増)、純利益16億46000万円(同1.7%増)と見込み、5期連続で過去最高を更新する。アベルネット、丸三三原商店、サイエンスホームと続いたMAが即戦力として業績を押し上げ、継続強化しているチラシの削減や商品点数の絞り込みなどを中心とするEDLC(エブリデイ・ロー・コスト)戦略などが寄与する。今期配当も、年間34円(前期実績33円)と5期連続増配を予定している。
 
■高値期日売りは最終6カ月目に入りPER11倍の売られ過ぎ修正に再発進
 
 株価は、月次売上高の続伸で昨年来高値2576円をつけ、その後もサイエンスホームの連結子会社化で2287円、消費税増税前の駆け込み需要期待で2186円高値、台風被害の復旧・復興需要先取りで2126円高値とそれぞれ高値まで買われたが、市場の方向性がハイテク株買い・ディフェンシブ株売りを強めた影響を受けて利益確定売りに押され、ここにきて高値期日売りで昨年来安値追いとなった。この高値期日売りも、最終局面の6カ月目に入ってPERも11倍台と売られ過ぎとなっており、期日明けの先取り妙味を示唆している。まず昨年7月の昨年来高値2576円から前日取引時間中の昨年来安値1845円までの調整幅の3分の1戻しの2100円台奪回を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)