ドル円は小幅に続伸。米経済の好調さを示す指標や貿易赤字の改善傾向を手掛かりに108円63まで上昇。ユーロドルでもドル高が進み、1.1134までユーロは下落。

 株式市場は反落。プラスで推移していたナスダックも、引けにかけて売られ、3主要指数は揃って下落。債券はやや売られ、長期金利が小幅に上昇。金は10日続伸し、2013年以来の高値を記録。原油は反落。

11月貿易収支        → -431億ドル
11月耐久財受注       → -2.1%
12月ISM非製造業景況指数 → 55.0

ドル/円   108.32 ~ 108.63
ユーロ/ドル 1.1134 ~ 1.1178
ユーロ/円  120.78 ~ 121.21
NYダウ   -119.70 → 28,583.68ドル
GOLD   +5.50   → 1,574.30ドル
WTI    -0.57   → 62.70ドル
米10年国債 +0.009  → 1.818%

【本日の注目イベント】

豪  豪11月住宅建設許可件数
独  独11月製造業新規受注
欧  ユーロ圏12月景況感指数
欧  ユーロ圏12月消費者信頼感(確定値)
米  12月ADP雇用者数
米  11月消費者信用残高

 株式市場では日米とも連日乱高下し値幅も出ています、ドル円は再昨年10月以降に見られた鈍い動きになってきました。米国によるイラン司令官殺害をきっかけに大きく動きだしたドル円でしたが、昨日のNY市場では108円63銭前後までドル買われましたが、ユーロドルでドル高が進んだ影響が出た模様で、積極的にドル円を売買する動きにはなっていません。

 イランでは殺害されたソレイマニ司令官の一連の葬儀を終えたことで、イランが米施設やサイバー攻撃などの報復に出るのではないかといった見方も出ています。実際、イランの最高安全保障委員会の事務局長は、報復には13のシナリオがあると指摘し、「最も弱い手段でも米国には歴史的な悪夢になるだろう」と述べています。イランでは、同司令官の埋葬儀式に参列者が多く集まり、混乱から死者も多数出ている模様です。トランプ大統領は依然としてイランが報復に出た場合、直ちに攻撃する姿勢を崩しておらず、緊張が続いています。本稿執筆時に、「イランが米軍駐留イラク基地に攻撃開始」との一報が入り、ドル円は50銭ほど急落しました。

 NY株式市場ではイランの報復に対する警戒感が高まり、昨日は3主要指数が揃って反落しています。それでも株式の専門家に言わせると、今後株価は上昇に向かうとする意見が多いようです。恐怖指数と言われる「VIX指数」を見ると、米国によるイラン司令官殺害の一報後は上昇しましたが、それでも「14台後半」でした。昨年8月には、トランプ氏が中国に対する関税引き上げを宣言し株価が急落しましたが、その際には「24台後半」まで急騰した同指数ですが、足元では「14」を割り込んでいます。この水準から判断すれば、まだ楽観的な見方が支配的だということです。ドル円と同指数との相関は比較的高く、同指数が危険水域と言われる「20」を超えるようだと、ドル円も107円台を割り込んでいる可能性が高いと予想しています。

 12月のISM非製造業景況指数は市場予想を上回る「55.0」と、4カ月ぶりの高水準でした。「50」を大きく下回っている製造業とは異なり、小売や娯楽を含む11の業界が活動を拡大しており、製造業が景況悪化にあえぐ中、経済全般は引き続き安定している様子が示されたと、ブルームバーグは伝えています。ただ、新規受注と雇用は低水準に留まっているようです。

 本日は12月のADP雇用者数が発表されます。前月が市場予想を大きく下回る6万7千人でしたが、今回は16万人の増加と、大幅に増えると予想されています。イランの攻撃で、中東情勢がますます不透明になっています。攻撃を受けた米国がどのような行動に出るのか、注目されます。

 本日のドル円は107円30銭~108円40銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)