ドル円は株価の反発や米金利の上昇を手掛かりに反発。108円50銭までドルの買い戻しが進み、NYでは終始108円台での取引に収まる。ユーロドルは続伸して1.12台に乗せる。ドイツやユーロ圏のPMIが上振れたことで1.1203までユーロ高が進む。株式市場は反発。朝方はマイナスで始まったが徐々に買い方が優勢となり、結局3主要指数とも揃って上昇。債券相場は反落。長期金利は1.80%台を回復。金は大幅に続伸し、約6年3カ月ぶりの高値を記録。原油価格も続伸。

12月マークイットサービス業PMI(改定値)  → 52.8

ドル/円 108.07 ~ 108.50
ユーロ/ドル 1.1181 ~ 1.1203 
ユーロ/円  120.89 ~ 121.40
NYダウ   +68.50 → 28,703.38ドル
GOLD   +16.40  → 1,568.80ドル
WTI   +0.22  →  63.27ドル
米10年国債 +0.021 → 1.809%

【本日の注目イベント】

日   12月マネタリーベース
中   中国12月外貨準備高
欧   ユーロ圏11月小売売上高
欧   ユーロ圏12月消費者物価指数(速報値)
米   11月貿易収支
米   11月耐久財受注
米   12月ISM非製造業景況指数
加   カナダ11月貿易収支

 昨日の東京時間のドル円は、107円台ではドル買い意欲が旺盛だったものの、108円台では上値も重く、108円~108円10銭の狭い範囲で推移しました。日経平均株価が500円に迫る下げを見せた割には「ドルは堅調だった」といった印象です。NY市場ではアジアや欧州の株価の下落を受け、朝方から軟調に始まりましたが、午後にはナスダックとS&P500がプラスに転じ、引けにかけてはダウもプラスに転じ、結局3指数とも揃って反発しました。市場がやや落ち着きを取り戻したことで債券も売られ、長期金利が1.8%台を回復。ドル円も、108円50銭前後まで値を戻しています。昨日の市場では、「世界経済に与えるインパクトは今後変わることはあり得るが、現時点ではそれほど大きな影響はない」といった見方が主流だったようです。

 ただ、これで中東情勢が落ち着きを取り戻したわけではありません。米国への報復を考えていると見られるイランは、最大の武器とも言える「核」を前面に出して米国に圧力をかける構えです。イラン政府は、2015年に結んだ核合意から逸脱する「第5弾」の措置として、無制限のウラン濃縮を発表しました。英国など、欧州は直ちに自粛を求める声明を出していますが、軍事力では米国にはるかに劣るイランは「核」を武器に米国と対峙する模様です。

 ドル円はひとまず、107円台後半からは「買い場」にはなっていますが、米中貿易協議に明るさが見えてきた矢先での中東情勢の悪化です。この先まだ、ひと波乱もふた波乱もありそうです。米国では今週末には、好調な労働市場の動向を示す「雇用統計」の発表があります。現時点では、労働市場は引き続き順調に拡大しているものと見られますが、米国のイラン司令官殺害を契機に、今年の利下げは「ほぼない」と見られ、一部には「利上げ」も取りざたされていたFOMCでの金融政策に、やや異なる見方も浮上してきました。フェデラルファンド(FF)金利先物市場では、2020年末までの「25ベーシス」の利下げをほぼ織り込みつつあります。2日時点では70%程度の確率だったものが、米軍によるイラン司令官殺害で中東を巡る不安が高まると、利下げ確率が一気に高まった格好です。先日公開された12月のFOMC議事録でも、しばらく利下げを休止すべきといった委員の意見が体勢でしたが、金融当局は中東情勢の悪化による米景気の鈍化を未然に防ぐといった見方が高まったと見られます。

 本日はドル堅調な展開が予想されますが、足元のセンチメントは「戻り売り」のスタンス継続中と見ます。上で述べたように、今後もまだまだ波乱はありそうです。

予想レンジは107円90銭~108円70銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)