31日、香港メインボードに2銘柄が新規上場した。
 
 台州市水務(01542)は、公募価格4.22香港ドルに対し、初値は4.22香港ドルだった。
 
 同社は、台州の給水サービスプロバイダー。浙江省台州市での市場シェアは43.8%でトップ。また、浙江省全体では第5位のシェアがある。
 
 赤子城科技(09911)は、公募価格1.68香港ドルに対し、初値は3.02香港ドル。公募価格を約80%上回る価格で生まれた後、高値3.87香港ドルを付けた。
 
 同社は、モバイルアプリ開発者であり、モバイル広告プラットフォームサービスプロバイダー。モバイルアプリ「Solo Launcher」はAndroidデバイスユーザーのユーザーインターフェイスとして、シンプルで高速なユーザーエクスペリエンスを提供するように設計され、同アプリはフランス、イスラエル、シンガポール、ブラジルなど89の国と地域で利用されている。(イメージ写真提供:123RF)