ドル円は株高につられ、109円68銭まで上昇。値幅は出なかったものの、109円台半ばを超える動きに。ユーロドルは小幅に上昇。1.1109まで買われたが欧州市場が休みだったため商いは盛り上がらず。豪ドル円が76円台に乗せ、76円18銭前後まで上昇。約5カ月ぶりの高値を記録。

 株式市場は3指数とも揃って最高値を更新。アマゾンや、アップルなどが買われた。ナスダックは11連騰を記録し、「9000」の大台に乗せる。債券相場は小幅に続伸。長期金利は1.90%を割り込む。金と原油は3営業日続伸。

新規失業保険申請件数 → 22.2万件

ドル/円   109.59 ~ 109.68
ユーロ/ドル 1.1090 ~ 1.1109
ユーロ/円  121.54 ~ 121.78
NYダウ   +105.94 → 28,621.39ドル
GOLD   +9.60   → 1,514.40ドル
WTI    +0.57   → 61.68ドル
米10年国債 -0.005  → 1.894%

本日の注目イベント

日  11月失業率
日  11月鉱工業生産
日  日銀金融政策決定会合における主な意見(12月18・19日分)
中  中国11月工業利益
欧  ECB経済報告

 クリスマス休暇明けのNY市場では、今年の動きを象徴するかのように、ほぼ全ての市場で上昇が続きました。昨日の朝方、109円25銭近辺まで売られたドル円は日本株の上昇を好感し、109円57銭前後まで買われ、NY市場では相変わらず静かな取引でしたが、109円68銭まで続伸し、堅調でした。

 NY株式市場では3主要指数が揃って上昇し、最高値を更新しました。特にナスダックは「9000」の大台に乗せ、これで11連騰です。昨日は債券もわずかですが買われており、金も1517ドル台まで買われ、約2カ月ぶりの高値を付けました。さらに原油も上昇し、こちらは3カ月ぶりの高値です。一言で言えば、やはり「金余り」ということなのでしょう。リスク選好時には売られ易いものまで昨日は買われています。豪ドル円も7月以来の76円台を回復し、今朝の経済紙は、2020年の中国GDPの予想平均値は「5.9%」と報じていましたが、全く影響していません。楽観論が市場全体を覆っているようです。

 アマゾンの、今年のホリデーシーズンの売り上げが好調だったようです。年末商戦中の1週間だけで、世界の500万を超える新規顧客がプライムの無料トライアルを開始、あるいは有料会員になったと伝えられています。またこの期間全体の販売品目は10億品目を超えたとあります。アマゾン株は昨日の株式市場で大きく買われ、相場上昇の牽引役になっています。

 ドル円はやや水準を切り上げ、109円台半ばを抜けてきました。問題は、この水準から110円までが「壁」になっており、抜け切れるかどうかという点です。「日足」までのチャートでは全て上昇傾向を見せていますが、注目されるのは「週足」です。ここでは雲の上限が110円手前にあり、その前後には重要な移動平均線である「200週線」や「120週線」が集まっており、雲とともに強力な「抵抗帯」を形成しています。この辺りには実需のドル売り注文が並んでいることも容易に想像できます。1回のテストでは抜けきれないとは思いますが、足元のセンチメントは「ドル高」に傾いており、市場を覆っている「楽観論」とともに援軍にはなっています。

 米中貿易協議の第一段階合意を受けた今月13日に109円台を回復して2週間が経ちます。その間一度も109円を割り込んではいません。ショート筋が「しびれをきらして」買い戻しに入ることも考えられます。今日を含めて残り3日間で、どこまで水準を伸ばせるのか、あるいは、再び押し戻されるのか注目したいと思います。

 本日のドル円は109円40銭~109円90銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)