クリスマスイブということで取引は閑散となり、ドル円は動かず。109円33銭から43銭の狭いレンジ内で推移。ユーロドルも前日とほぼ同水準で推移し、1.1085を中心に薄商い。

 株式市場は短縮取引となり、ダウは4日ぶりに反落。一方ナスダックは10連騰し、最高値を更新。債券相場は反発。長期金利は1.90%台に低下。ドルがポンドに対して売られたことで金は16ドル上昇し、1500ドルの大台を回復。原油も続伸し61ドル台に。


12月リッチモンド連銀製造業指数 → -5

ドル/円   109.33 ~ 109.43
ユーロ/ドル 1.1078 ~ 1.1093
ユーロ/円  121.13 ~ 121.27
NYダウ   -36.08 → 28,515.45ドル
GOLD   +16.10 → 1,504.80ドル
WTI    +0.59  → 61.11ドル
米10年国債 -0.030 → 1.900%

本日の注目イベント

日  安倍首相、中国李首相と会談(中国・成都)
   主要海外市場は全て休場


 予想通り為替は動きません。ドル円はこの24時間でも、ほぼ10銭程度の値動きでした。NY株式市場は、クリスマス前ということで短縮取引でしたが、ナスダック指数だけは続伸し、これで10連騰です。

 トランプ大統領は、「中国との合意に関して、われわれは署名式を行うことになる」と発言し、中国との貿易取引は「成立」しており、翻訳と文章作成の作業に取り組んでいるのみだと発言しました。また、自身が習近平主席と会談する前に、米中が合意に署名する可能性も示唆しています。一方、このところ再び関係が冷えて来たように思える北朝鮮に関連してトランプ氏は、「北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を試射すれば、米国は対応する」と言明し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が言及している「クリスマス・プレゼント」の脅しについては、新たなミサイル実験で驚かせるのではなく、「すてきなプレゼント」である可能性があると語っています。(ブルームバーグ)

 昨日は特段の材料がないため、トランプ氏の発言が中心になりますが、トランプ氏は上院で進められている弾劾裁判についても発言しており、この裁判において自分は「非常に良い位置」にいると述べています。共和党のマコネル上院院内総務次第だとし、同氏を、「非常に良い男、かつ非常に公平な男」だと称賛しました。このように、弾劾裁判については気に留めている様子は見られませんが、この影響が来年の大統領選にどのように影響してくるのかについては「その影響は全くない」とは言えません。

 ドル円はほぼ固まった状態で、コメントのしようもありませんが、短期的な動きを示す、「1時間足」では「200時間移動平均線」が「120時間線」などを上回り、ドルの短期的な下落傾向を示唆しています。「日足」ではまだその傾向は見られませんが、厳密に言えば、若干ではありますが上値を切り下げているのが確認できます。動かないとは思いますが、為替市場は31日まで開いています。気を抜かずに最後まで用心することが肝要です。

 本日のドル円は109円30銭~109円50銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)