ドル円は動かない中、やや売られ109円34銭前後まで下落。株高、金利高にも反応せず、英国のEUからの離脱懸念が上値を抑える。ユーロドルは小幅に上昇し、1.1096まで買われる。株式市場は続伸し、この日も揃って最高値を更新。中国が輸入関税を引き下げると発表したことが追い風に。債券相場は小幅に下落し、長期金利はやや上昇。金と原油はともに上昇。

11月新築住宅販売件数     →  71.9万件
11月耐久財受注        →  -2.0%

ドル/円 109.34 ~ 109.43
ユーロ/ドル 1.1070 ~ 1.1096
ユーロ/円  121.08 ~ 121.35
NYダウ  +96.44 → 28,551.53ドル
GOLD   +7.80  → 1,488.70ドル
WTI   +0.008  →  60.52ドル
米10年国債 +0.009 → 1.926%


本日の注目イベント

日  日銀金融政策決定会合議事要旨(10月30・31日分)
中  日中韓首脳会談(中国・成都)
米  12月リッチモンド連銀製造業指数

 やはりと言うか、予想通りと言うか、ドル円は海外市場でも動きません。NY市場での値幅はわずか9銭程度でした。米国株は昨日も続伸し、揃って最高値を更新し、さらにわずかですが米長期金利も上昇したにもかかわらずドル円は軟調でした。先の総選挙で勝利したジョンソン英首相が、1月のEU離脱後の猶予期限を延期する方針はないと表明したことで、市場には再び「ブレグジット懸念」が再燃しています。EUとの自由貿易交渉を進めるには期間が足らないとの見方があるようです。株価にも金利にも反応薄のドル円、動き出したら怖い気もします。

 住宅市場は引き続き好調さを維持しているようです。11月の新築住宅販売は「71.9万戸」と、市場予想は下回ったものの、一戸建て販売が増加し、最近3カ月の販売ペースでは年率72万戸と、2007年以降で最高となっています。住宅ローン金利の低下に加え、株価の上昇による資産効果の影響もあり、ブルームバーグは「住宅市場の勢いが持続し、米経済の下支えに貢献していることを示した」とコメントしています。一方、11月の耐久財受注は軟調でした。コア資本財の受注は前月比0.1%の微増に留まりましたが、全体の耐久財受注は2%の減少でした。ボーイングの受注が63機に上ったようですが、民間航空機全体の受注減の影響が大きかったようです。

 為替には余り影響はないと思われますが、北京で日中首脳会談が行われました。習近平主席は「私と安倍首相で緊密な意志疎通を保ち、中日関係を新たな段階に押し上げたい」と述べ、安倍首相も同じような言葉で答えるなど、外交辞令的な挨拶に留まりました。ただ、香港情勢について首相は、「大変憂慮している」と発言し、中国に自制を促しました。今日は舞台を北京から成都に移し、韓国を含めた「日中韓首脳会談」を行う予定になっています。

 本日も動きはないものと思われます。ドル円のレンジ予想も109円20銭~109円50銭程度といったところでしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)