ドル円は水準を切り下げ、109円18銭まで下落。中古住宅販売など、米経済指標の結果が重石となり、株高、金利高には反応せず。ユーロドルは1.11台で推移し、前日のレンジとほぼ同じ水準での取引に。

 株式市場は大幅に上昇。トランプ弾劾の影響もなく、ダウは137ドル高と、最高値を更新。S&P500は大台の3200に乗せ、ナスダックとともに最高値を更新。債券相場は続落。長期金利は1.92%台に乗せる。金と原油は反発。

経常収支(7-9月)        → -1241億ドル
12月フィラデルフィア連銀景況指数 → 0.3
新規失業保険申請件数        → 23.4万件
11月中古住宅販売件数       → 535万件
11月景気先行指標総合指数     → 0.0%

ドル/円   109.18 ~ 109.51
ユーロ/ドル 1.1107 ~ 1.1130
ユーロ/円  121.43 ~ 121.74
NYダウ   +137.68 → 28,376.96ドル
GOLD   +5.70   → 1,484.40ドル
WTI    +0.29   → 61.22ドル
米10年国債 +0.004  → 1.920%

本日の注目イベント

日  11月消費者物価指数
独  1月GFK消費者信頼感
欧  ユーロ圏12月消費者信頼感指数(速報値)
欧  ユーロ圏10月経常収支
英  7-9月期GDP(確定値)
米  7-9月GDP(確定値)
米  11月個人所得
米  11月個人支出
米  11月PCEコアデフレータ
米  12月ミシガン大学消費者マインド(確報値)
加  10月小売売上高

 トランプ大統領に対する弾劾決議案が米下院で可決されましたが、株式市場には全く影響がなく、主要3指数は揃って最高値を更新しました。S&P500は節目の「3200」に乗せ、このままでいけばダウの「3万ドル」とナスダックの「9000ポイント」乗せも、来年1月にはありそうな気配です。景気が低迷する状況にもかかわらず世界的な株高が続いていますが、その中でも米株式市場には大量の資金が流れ込んでいることが窺えます。資産運用会社としては、他のファンドに負けないためにも、高値警戒感を意識しながらもこの流れについて行かざるを得ません。「買うから上がる。上がるから買う」といった循環が続いていますが、上がり続ける相場はありません。AIが取引の主役になっている今、下げの材料があれば、一気に1000ドル近い下げがあってもおかしくはありません。

 一方相変わらず静観を保っているのが為替市場です。フィラデルフィア連銀製造業指数や中古住宅販売が冴えなかったことで109円台前半までドル売りが進みましたが、今朝方はやや戻り、昨日の水準と大きな違いはありません。海外市場ではいよいよクリスマスモードに入って来るため、来週は参加者が減ることが予想されます。このまま109円台を維持することが出来れば、相場観に大きな変化はありませんが、現水準から1円ほど下げるようだと、来年1月以降の相場観に影響しそうです。

 トランプ氏の弾劾を巡り、共和党と民主党の対立が深まっています。下院で可決された弾劾決議案が上院での審議に向けた手続きを巡り、トランプ氏とマコネル上院院内総務はペロシ下院議長を非難しています。マコネル氏は、「自らの稚拙な仕事の成果が恥ずかし過ぎて、上院に送付することさえもためらっているようだ」と語っています。これはペロシ氏が、上院での陪審員長が被疑者の弁護団と共謀してもかまわないと院内総務が示していることは公正ではないと非難し、弾劾裁判の規定が変更されるまで、同決議案の上院送付を見合わせると発言したことを批判しています。

 またトランプ氏も、「何もしない党は、決議案に対しても何もする考えがない」とツイートしました。トランプ氏が大統領を罷免されるには上院で3分の2以上の賛成が必要ですが、上院では共和党が過半数の議席を確保していることから、「罷免されることはない」と見られています。

 昨日の行われた今年最後の日銀決定会合では、予想通り政策変更はありませんでした。黒田総裁は会見で、「米中貿易協議では、引き続き帰すうを注視する」と発言しながらも、若干明るくなったとの見方を示していました。日銀が引き続き緩和姿勢を維持する中、昨日世界の中銀の中で最も早く「マイナス金利」を導入したスウェーデン中銀が政策金利を「ゼロ%」に引き上げました。結局、マイナス金利による経済効果よりも副作用の方が大きいという判断だということのようです。これに対しても黒田総裁は、スウェーデン経済は比較的堅調で、日本との違いを説明していました。

 本日のドル円は109円~109円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)