中国の経済減速が、ドイツなど欧州諸国や日本をはじめアジアの生産活動に影響している。12月に開催された中国の中央経済工作会議では、「6%成長を死守すべきか」ということについて大論争があったという。大和総研経済調査部 主席研究員の齋藤尚登氏は12月18日、「中国:臭い物(金融リスク)に蓋をする」と題したレポート(全4ページ)を発表し、中央工作会議(12月10日~12日)を前後する時期に中国現地でヒアリングした内・・・・

続きを読む