世界銀行(WB)はこのほど、ベトナムの2019年通年の国内総生産(GDP)成長率予想をこれまでの+6.6%から6.8%に引き上げた。この数字は東南アジア地域でカンボジアに次いで2番目に高く、世界平均の+2.6%の3倍近くとなっている。

  また、向こう3年間のベトナムのGDP成長率は+6.5%前後となる見通し。

  WBによると、ベトナムの経済成長を促す材料として、輸出や国内需要の増加、中間所得層の拡大が挙げられる。しかし、国営企業の株式会社化や政府資本回収が遅延していること、輸出成長を主に対米輸出に頼っていることが経済成長の足かせになると指摘している。

  これに先立ち、アジア開発銀行(ADB)も、ベトナムの2019年通年のGDP成長率予想をこれまでの+6.8%から+6.9%に、2020年通年を+6.7%から+6.8%に引き上げた。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)