ドル円は、株高、金利高を手掛かりに水準を若干切り上げる。109円68銭まで買われ、高値圏で取引を終える。ユーロドルは小動きの中、1.11台半ばを中心に推移。株式市場は続伸。ダウは100ドル上昇し、ナスダック、S&P500とともに揃って最高値を更新。債券相場は反落。長期金利は1.87%台へと上昇。金は小幅に売られ、原油は続伸。

12月NY連銀製造業景況指数      →  3.5

12月NAHB住宅市場指数       →  76

ドル/円 109.40 ~ 109.68

ユーロ/ドル 1.1135 ~ 1.1158
 
ユーロ/円  121.91 ~ 122.22

NYダウ  +100.51 → 28,235.89ドル

GOLD   -0.70  → 1,480.50ドル

WTI  +0.14 → 60.21ドル

米10年国債 +0.049  → 1.871%


本日の注目イベント

豪 RBA、金融政策会合議事要旨公表
英 失業率(8月ー10月)
欧 ユーロ圏10月貿易収支
米 11月住宅着工件数
米 11月建設許可件数
米 11月鉱工業生産
米 11月設備稼働率
米 カプラン・ダラス連銀総裁講演
米 ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
米 ウィリアムズ・NY連銀総裁講演

 米中貿易協議の第一段階合意と英国のソフトブレグジットの可能性が高まったことを理由に、米株式市場では主要3指数が揃って最高値を更新しました。揃って最高値の更新は、今月に入って初めてのことです。市場に溢れる緩和マネーがさらに株価を押し上げていますが、このまま最高値圏で2019年を終えるのかどうかも、市場の関心を集めています。株価が上昇し、リスクオンが強まったことで債券が売られ、金利の上昇とともにドル円は109円68銭値後までドル高が進んでいます。昨日も述べたように、110円というかなり高い壁がありますが、今週から来週にかけても109円台を維持できるようなら、110円テストの可能性もあるのではないかと予想しています。

 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米中貿易合意の「第2段階」について、両国がすでに取りまとめた第1段階合意の成功にある程度左右されるとし、コミットメントは維持される必要があると述べています。昨日の米国株の動きでも分かるように、これまで不透明だった米中貿易協議がひとまず大きな進展を見せたことで、再び最高値を更新する動きを見せています。常に株価の動向を気にかけているトランプ大統領が、今後少なくとも大統領選のメドが立つ来年夏場までは「ちゃぶ台返し」はしないのではないかとも思います。やや楽観的かもしれませんが、株価の上昇が維持される限り、米景気のリセッション入りの可能性は非常に限定されると思われるからです。

 昨日発表された12月NY連銀製造業景況指数は予想を下回ったものの、6カ月先見通しは前月から10.4ポイントも上昇し、5カ月ぶりの高水準でした。また6カ月先の新規受注見通しも、前月から11.4ポイント上昇し、2月以来の高水準です。NY連銀管轄地区の製造業が底入れし、今後上昇に向かうことが予想されます。同じようにマークイットが発表した12月の製造業PMIは市場予想を若干下回ったものの、6月から8月までは好不況の境である「50」前後に低迷していましたが、結果は「52.5」と、チャートを見る限り底入れし、上昇に転じていることが確認できます。米中貿易問題がこれ以上悪化しないという前提に立てば、米製造業の復活は来春にも期待できるかもしれません。

 その中国経済にも持ち直しの兆しが見えてきました。中国国家統計局が昨日発表した11月の工業生産は前年同月比6.2%増で、市場予想上回る伸びでした。また11月の小売売上高も同8%増え、市場予想を上回っています。さらに固定資産投資は前年同期比5.2%増でした。ブルームバーグは、今回のデータは、景気減速の歯止めをかける取り組みの効果がようやく定着しつつある可能性を示していると評価しています。本日も静かな取引が予想され、特別なニュースでもない限り値幅も限定的でしょう。ドル円の予想レンジは109円20銭~110円程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)