米中は「第一段階」の合意はしたものの、協議の先行きに不透明感が残ったとことで、ドル円は109円21銭まで下落。欧州市場では109円71銭前後まで上昇したものの、110円には届かず。ユーロドルは1.11台半ばを挟んでもみ合い、1.11台を固める動きに。

 株式市場は米中貿易協議の合意を好感したものの、ダウの上げ幅は小幅に留まる。一方ナスダック、S&P500はやや上げ幅を伸ばす。債券相場は反落。前日1.9%近辺まで上昇した長期金利は1.82%台まで低下。金は反発。原油は続伸し、60ドルの大台に乗せる。


11月輸入物価指数 → 0.2%
9月小売売上高   → 0.2%

ドル/円   109.21 ~ 109.62
ユーロ/ドル 1.1112 ~ 1.1177
ユーロ/円  121.44 ~ 122.49
NYダウ   +3.33  → 28,135.38ドル
GOLD   +8.90  → 1,481.20ドル
WTI    +0.89  → 60.07ドル
米10年国債 -0.074 → 1.823%

本日の注目イベント

中  11月小売売上高
中  11月鉱工業生産
独  12月サービス業PMI(速報値)
独  12月サービス業PMI(改定値)
欧  ユーロ圏12月総合PMI(速報値)
欧  ユーロ圏12月製造業PMI(速報値)
欧  ユーロ圏12月サービス業PMI(速報値)
米  12月NY連銀製造業景況指数
米  12月FHFA住宅価格指数


 先週末には米中貿易協議がおおむね合意に達したとの報道から、金融市場ではリスクオンが加速し、ドル円は109円71銭近辺までドル高が進み、週末の日経平均株価は600円ほど上昇し、今年最大の上げ幅を記録しました。前日のNY株が大きく上昇したことと、円安が進んだことを好感し、引け値でも2万4000円の大台を回復しています。一方ドル円は上昇したものの、109円台半ばから上方ではブレイキがかかっています。

 週末のNYではドルが売られ、株価は続伸したものの上げ幅は限定的と、前日の反応とはやや異なった動きです。トランプ大統領は米中が直ちに貿易合意の第2弾を巡る交渉を始めると述べたものの、USTRのライトハイザー代表は、米国と中国が第2段階の貿易交渉を開始する日程は今のところ決まっていないと述べるなと、今後米中貿易協議がさらに進展するかどうか懐疑的な見方が広がっています。15日に予定されていた「制裁関税第4弾」の発動はひとまず延期され、今回の合意内容を実行に移すための署名は1月に行われる予定になっています。

今後の米中貿易協議の先行きに不透明感を残したのは、米中双方の認識に違いがあることが浮き彫りになったことも挙げられます。中国政府は「米国は発動済み関税を一部取り消すと約束した」と財次官が述べたものの、米国はトランプ氏が「関税の大部分は維持される。中国との第2段階の交渉に使うつもりだ」と、はっきりと語っています。「制裁関税第4弾」の発動は延期されたものの、第1~第3の関税25%は維持されると米国は述べています。

 このように今回ひとまず「休戦」した貿易協議ですが、今後まだ紆余曲折がありそうで、その度に為替相場は動くことになりそうです。トランプ氏が、これまでにも、「貿易協議の合意は急がない。2020年の大統領選後でもいい」と述べ、市場がリスクオフに傾いたことも記憶に新しいところですが、今回の合意を受けて「第2段階の取引を巡る交渉は2020年の選挙を待たずに直ぐに始める」とツイートしています。今度は、貿易協議の合意が大統領選に有利に働くと考え、急ぎたいという考えなのでしょう。今後も引き続き「米中貿易協議」の進展具合が、相場の波乱要因になることは間違いないようです。

 ドル円は今回の合意で109円台を回復しましたが、今のところは、やはり110円が壁になっているようです。このまま109円台を維持することができれば、いずれ時間をかけながら110円をテストする可能性も十分あると考えますが、再び109円を割りこみ108円台半ばまで押し戻されるようだと、市場参加者も「110円突破は難しい」といった相場観を抱き始め、それがさらにドルの上値を重くすることも予想されます。

 個人的には、これまでドルの上値を抑えてきた「BREXIT」と「米中貿易協議」2つ懸念材料が不透明感を残しながらも大きく前進したことで、ドルにもう少し上昇余地があるのではないかと予想しています。また、米景気は依然として雇用や住宅、消費といった部分では好調で、これが政策金利引き下げの抑止力になっている点も見逃せません。

 本日のドル円は109円~109円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)