「米中貿易協議―基本合意」との報道に、ドル円は109円台を回復し、109円45銭までドル高が進む。ユーロドルも英総選挙でジョンソン保守党有利との情報から買われ1.1154前後まで上昇。

 株式市場は米中貿易協議合意の報道に大きく上昇。ダウは220ドル上昇し、他の主要指数も揃って買われる。債券相場は大幅に下落。長期金利は一気に1.89%台まで上昇し、前日比10ベーシスを超える上昇に。リスクオンが進んだことで金は反落。原油は続伸。


新規失業保険申請件数 → 25.2万件
11月生産者物価指数 → 0.0%

ドル/円   108.56 ~ 109.45
ユーロ/ドル 1.1103 ~ 1.1154
ユーロ/円  120.86 ~ 121.73
NYダウ   +220.75 → 28,132.05ドル
GOLD   -2.70   → 1,472.30ドル
WTI    +0.42   → 59.18ドル
米10年国債 +0.106  → 1.897%

本日の注目イベント

日  10-12月日銀短観
日  10月鉱工業生産
米  11月輸入物価指数
米  9月小売売上高


 市場参加者の多くが米中貿易協議の合意は「五分五分」と予想する中、個人的には「それでも合意の可能性が高い」と、この欄でも述べてきましたが、予想通り「第一段階の合意」におおむね達したようです。昨日の夜、日付が変わる前にトランプ大統領が、「米中は大きな通商取引での合意署名に非常に近い」とツイートしたことが始まりでした。その後ブルームバーグが「米国は中国との貿易取引で原則合意。トランプ大統領の署名待ち」と報じたことでドル円は109円台を回復し、さらに「トランプ大統領が米中貿易合意を承認。12月の関税回避」と続いたことで、ドル円は109円45銭近辺まで大きく買われました。

 株式市場でもNYダウは一時300ドルを超える上昇を見せ、最高値を更新する場面もありましたが、結局220ドル高で取引を終えています。昨日は、米中の貿易協議に関する情報がいつあってもおかしくはない状況ではあったものの、「英総選挙」が最大の関心事でした。それだけに影響も大きかったようです。本日午前中にもホワイトハウスから、正式な「合意」に関する発表があるかもしれません。

 ドル円は再び109円台半ばまで上昇してきました。目先の上値のメドは先週記録した109円73銭前後ということになります。近いようで遠い110円台ですが、今回はテストする可能性があるかもしれません。英総選挙も、現時点での出口調査の結果ではジョンソン首相率いる与党保守党が過半数を獲得する見通しになっています。このまま保守党が過半数を確保し、来年1月末のEU離脱が順調に進むようだと、これもリスクオンということで、円が売られ易い状況になります。今週のユーロの動きを見ていると、すでにスムーズなEUからの離脱を織り込み、ユーロ高が進んできました。ユーロ円は今朝方には122円台半ばまで買われ、約5カ月ぶりの高値を付けています。また、ポンドドルは昨年5月以来となる1.35台を回復してきました。

 今年も残り2週間余りになってきましたが、本日の日経平均株価は大きく上昇すると予想しています。「米中貿易協議」と「ブレグジット」。これまで長い期間、リスクオンの前に壁のように立ちふさがった2つの大きな懸念材料が取り除かれることになり、さらにはドル円では円安が進み、「追い風十分」といった状況です。ドル円が株高にどこまで反応するのか、注目したいと思います。109円台では何度も押し戻されているドル円です。今年最後のラリーが見られるかもしれません。まさに「棹尾の一振」となりそうな気配です。

 日経平均株価は300円~400円程度の上昇を見込みますが、本日は「SQ」です。その影響がどれほど現物株に影響するのかは、筆者には分かりませんが、この点には注意が必要かもしれません。「材料出尽くし」ということで、為替も株も反落することがないとは言えませんが、その可能性は低いでしょう。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)