ドル円はFOMCの結果を受けて小幅に下落。政策金利は据え置かれたものの、緩和スタンスが当面続くとの見方からドル円は108円47銭まで売られた。ユーロドルはユーロ買いが優勢となり、約1カ月ぶりの高値となる1.1145まで上昇。ユーロは対円でも121円に迫る水準まで買われる。株式市場は3日ぶりに小幅反発。ダウは29ドル上昇し、ナスダックは37ポイント上げる。債券相場は反発。長期金利は1.79%台まで低下。金は続伸し、原油は下落。

11月消費者物価指数     → 0.3%

11月財政収支        → -2088億ドル

ドル/円 108.47 ~ 108.76

ユーロ/ドル 1.1073 ~ 1.1145
 
ユーロ/円  120.39 ~ 120.93

NYダウ  +29.58 → 27,911.30ドル

GOLD   +6.90  → 1,475.00ドル

WTI  -0.48 → 58.76ドル

米10年国債 -0.049  → 1.793%

本日の注目イベント

トルコ トルコ中銀政策金利発表
独   11月消費者物価指数(改定値)
欧   ECB政策金利発表
欧   ラガルド・ECB総裁記者会見
米   新規失業保険申請件数
米   11月生産者物価指数

 米金融当局は今年最後のFOMCを開き、市場予想通り政策金利を据え置くことを決定しました。声明文では、「10月の前回会合以降に入手した情報では、労働市場は力強さを維持し、経済活動は緩やかなペースで拡大してきたことが示唆された。雇用の伸びはこの数カ月ならしてみると堅調で、失業率は低い水準が続いた」とし、「委員会はFF金利誘導目標レンジの適切な道筋を精査しながら、世界的な動向や抑制されたインフレ圧力など経済見通しに関する今後の情報が示唆するものを引き続き注視する」と記され、政策金利の据え置きを全会一致で決めました。また今回の声明分では「不確実性が続いている」との文言が削除されています。(ブルームバーグ)

 パウエル議長はその後の記者会見で、「金融政策の現在のスタンスは今後も適切である公算が大きい。経済と金融政策は現在、両方とも良好だ」と述べています。また政策当局者が示した四半期予測では、2020年末のFF金利の予想中央値は1.6%と、来年も政策金利が据え置かれる可能性を示唆しています。さらに2021年は1.9%、2022年は2.1%とし、当局者13人が来年の金利据え置きを予想し、4人が利上げが適切との判断を示しています。ドル円は発表直後にやや上昇する場面もありましたが、「ドット分析は明らかにハト派寄り」だと受け止められ、その後108円台半ばまで売られました。ユーロドルでもドル売りユーロ買いが強まり、1. 1145前後までユーロ高が進み、約1カ月ぶりの高水準になっています。ただ今回のFOMCでの政策金利据え置きは多くの市場関係者が予想していたこともあり、相場への影響は限定的だったと言えます。

 米中貿易協議の合意が未だに見られず、中国に対する「制裁関税第4弾」の発動期限が刻々と迫る状況の中でも、FOMC声明文では「不確実性が続いている」との文言が削除されました。これは米中貿易協議での合意を前提として述べられているようにも受け取れます。11月の雇用統計ではほぼ完璧な内容で、個人消費も良好です。FOMC委員の多くが、貿易問題さえも、いずれは解消に向かうと予想しているということのようです。今回の声明文を受けて、金利先物市場では来年1月のFOMCでの利下げ確率も8.6%程度まで低下しています。

 市場の最大の関心事は言うまでもなく、15日の「制裁関税第4弾」が発動されるのかどうかという点です。期限までは本日を含めてもあと4日しか残っていません。パーデュー米農務長官は、米中の広範な貿易協議の第1段合意に向けて続く交渉で、中国による農産物購入規模についてどの程度話し合いが進んでいるのか、自分は詳細を知らないとしながらも「期限である12月15日に米国が対中追加関税を発動しないことに、望みを抱いている」と語っています。

 昨日のFOMC後の市場の動きを見ると、ドルが売られ、ユーロや、豪ドルなどが約1カ月ぶりの高値を記録していますが、円はそれほど買われてはいません。そのためクロス円は総じて水準を切り上げてきました。今日も引き続き米中貿易協議の行方を待つしかありません。協議決裂か合意かで、相場は大きく動く可能性があるため、レンジを予想する事自体余り意味がありませんが、一応本日は、108円20銭~108円90銭程度としたいと思います。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)