株式会社高島屋(大阪市中央区)の連結子会社である東神開発株式会社(東京都世田谷区、以下、東神開発)と清水建設株式会社(東京都中央区)の連結子会社であるシミズインベストメント(アジア)社(シンガポール)は、ベトナム・ハノイ市において、商業・オフィス複合ビル「インドチャイナプラザ・ハノイ」の所有・運営会社であるHanoi Residential and Commercial Centre - HRCC Limitedの持分を、2019年11月29日に共同で取得した。2社の持ち分比率は60%(東神開発)と40%(シミズインベストメント(アジア)社)となる。

  同ビルは、新都心として開発が進むハノイ市カウザイ区のスアントゥイ(Xuan Thuy)通りに面する複合ビル。空港へのアクセスも良く、至近では都市鉄道3号線の「国家大学」駅の建設が進んでいる。近隣には日本人学校も所在し、日本人駐在員及びその家族にも人気の高いエリア。

  東神開発は2019年6月に、同ハノイ市内のスターレイクプロジェクトで、2区画における事業参画を決定している。今後も成長が見込まれるベトナムにおいて、更なる事業展開を図り、高島屋グループの成長分野である海外事業を拡充していく方針。

  一方、清水建設も、ベトナムをアジアにおける投資開発事業の主要マーケットの一つと捉えており、引き続き同国においてオフィスやホテル、住宅開発などに取り組む計画。

  プロジェクト概要
  同ビルは商業・オフィス・住宅から構成される複合ビルで、そのうち商業・オフィス部分を今回取得した。今後、両社のノウハウを活用し商業部分をリニューアルするなど、物件の付加価値を高める計画。また、物件の取得と同時にビル運営会社も傘下となり、この組織の有するノウハウを今後の開発事業に活用していく。株式会社高島屋と清水建設株式会社は優良な事業パートナーとのアライアンスを海外事業の基本戦略としており、今回の共同事業に至った。

  物件概要
所在地:ハノイ市カウザイ区
敷地面積:16,619m2
延床面積:商業部分 24,900m2
     オフィス部分 17,400m2
賃貸面積:商業部分 18,600m2
     オフィス部分 13,300m2
規模:商業部分 地上 1~5 階
   オフィス部分 地上 5~15 階
保有持分:東神開発 60%、清水建設 40%
竣工年:2012 年(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)