ドル円は小動き。明日からの重要イベントを前に108円台半ばを中心に値幅は24銭程度に収まる。ユーロドルも動かず、20ポイント前後の値幅に。株式市場は反落。11月の中国の輸出が減少していたことを受け、世界景気が鈍化するとの観測からダウは105ドル安。債券は反発。長期金利は1.81%台へと低下。金と原油はともに下落。


ドル/円 108.44 ~ 108.68

ユーロ/ドル 1.1055 ~ 1.1077
 
ユーロ/円  120.10 ~ 120.26

NYダウ  -105.46 → 27,909.60ドル

GOLD   -0.20  → 1,464.90ドル

WTI  -0.18 → 59.02ドル

米10年国債 -0.017  → 1.819%


本日の注目イベント

豪   豪11月NAB企業景況感指数
トルコ トルコ11月消費者物価指数
独   独12月ZEW景気期待指数
英   英10月鉱工業生産
英   英10月貿易収支

 市場は今週半ばから来週にかけて重要イベントが目白押しであり、この日は経済指標の発表もなかったことから小動きでした。その中でも、週末に発表された中国の貿易収支で、輸出が予想以上に減少していたことが材料視され、株価が下落し債券が買われています。ドル円はほぼ動きがなく、108円半ばを中心にもみ合いが続き、やや膠着感も強まってきました。

 今年最後のFOMCが今日から始まり、明日には政策金利の発表がありますが、今回はほぼ据え置きで決まりのようです。先週末に発表された11月の雇用統計では、ほぼ「完璧」な内容だったことで、投資家もさらにその感を強くしたようです。従って、焦点はパウエル議長の記者会見での発言内容になりますが、これも、貿易に不確実性が残るものの、良好な雇用と消費が米景気を牽引しているといったコメントが予想され、現状の米経済指標を俯瞰する限り、現時点でのさらなる利下げを正当化できないといった内容になろうかと思います。為替にとっては材料になりにくいと思われますが、今後の金融スタンスについての言及があれば、その点は材料になるかもしれません。


 今週はさらにECB理事会と英国では総選挙が行われ、さらに米国では小売売上高の発表もあります。そして15日の日曜日が、中国に対する「制裁関税第4弾」の発動期限です。これに関して昨日パーデュー米農務長官は、インディアナポリスで開かれた会合で、「15日に追加関税を課す期限がやって来るが、これが発動されるとは思わない。いくらか取り下げる可能性もあると思う」と述べ、関税発動には至らないのではないかとの見方を示しました。(ブルームバーグ)ただ市場はこの発言には反応薄で、発動の可能性は五分五分との見方が優勢のようです。仮に関税が発動されれば、玩具やスマートフォンなど、生活に必要な製品1600億ドル(約17兆3800億円)相当の中国製品に15%の追加関税が課せられることになります。11月の中国貿易収支では、輸入は0.3%(前年比)増加していたものの、輸出のほうは1.1%も減少しており、すでに米国との貿易戦争の影響が見られます。「制裁関税第4弾」が発動されれば、さらに輸出が減少すると見られ、一部の中国専門家の指摘する「GDPは5.5%~6.0%へ減速する」との予想もかなり現実味を帯びてきそうです。

 上にも下にも行けないドル円ですが、今回はさすがにどちらかには動くと予想されます。制裁関税が発動されるのかどうかが全てですが、残された日はあと5日です。ドルロングやショートで捕まっている人も、ここでは届かないであろうと思える水準で「指値」を入れておくのも一計です。万が一の場合には「Done」(約定)ということもあるかもしれません。ということで、今年も残り少なくなりましたが、「棹尾の一振」に期待したいと思います。本日のドル円は108円20銭~108円90銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)