スターティアホールディングス <3393> はデジタルマーケティング関連事業とITインフラ関連事業を主力としている。20年3月期は先行投資負担などで減益予想だが、上振れ余地がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は戻り一服の形だが、8月の安値で底打ちして下値を切り上げている。出直りを期待したい。

  ■デジタルマーケティング関連やITインフラ関連を展開

 

続きを読む