ドル円は11月の雇用統計が予想を上回る良い内容だったことで108円92銭まで上昇。だがその後は、米中貿易協議の不透明感を材料に108円52銭まで下落。ユーロドルは小幅に水準を下げる。雇用統計発表直後には1.1040まで下落したがその後は反発し、1.10台後半に。

 良好な雇用統計を受け、株式市場は大幅に続伸。ダウは337ドル上昇し、再び2万8000ドル台を回復。債券相場は続落。長期金利は・・・・

続きを読む