イオン株式会社(千葉県千葉市)とイオンモール株式会社(千葉県千葉市)は12月5日(木)午前10時、イオンモールのベトナム5号店「イオンモール・ハドン」をハノイ市ハドン区ズオンノイ街区(phuong Duong Noi)にグランドオープンする。ハノイ市で2か所目のイオンモールとなる。

  グランドオープンに先立ち、11月26日(火)には核店舗となるイオンベトナムが先行オープンした。

  「イオンモール・ハドン」は、同社としてベトナム最大の延べ床面積15万m2にベトナム国内外から221店舗が出店。全店舗の約40%が「ベトナム初」、「ハノイ市初」、「ショッピングモール初出店」のブランドとなる。

  全館の3割超を占める80店舗の飲食店を展開し、地域最大級の約3000m2の面積に1000席を擁するフードコートにはベトナム各地の料理や世界各国の料理21店舗が集結。また、韓国系シネコン「CGVシネマズ(CGV Cinema)」や子供向けアミューズメント施設「ティニワールド(tiNiWorld)」、「キッズーナ(Kidzoona)」、「ドリームゲームス(Dream Games)」などのエンターテインメント施設も展開する。

  「イオンモール・ハドン」の敷地面積は約9万8000m2、延べ床面積は約15万m2、総賃貸面積は約7万4000m2。駐車台数(屋外および地下駐車場)は約2100台、駐輪台数(屋外駐車場)は約9000台(バイク)となる。年中無休。

  総合スーパー「イオン・ハドン店」は、生鮮食品売場やデリカ売場のほか、ベトナムで初導入となるプレミアム生活用品のオリジナルブランド「ホームコーディ」、ハノイ市初出店の美と健康の専門ショップ「グラムビューティーク」、プレママ&プレパパ・ベビー用品・キッズ用品の「キッズリパブリック」を展開する。

  ベトナムでは、2014年1月に「イオンモール・タンフーセラドン」(ホーチミン市)、2014年11月に「イオンモール・ビンズオンキャナリー」(東南部地方ビンズオン省)、2015年10月に「イオンモール・ロンビエン」(ハノイ市)、2016年7月に「イオンモール・ビンタン」(ホーチミン市)がそれぞれオープンしている。現在、「イオンモール・ハイフォン・レチャン」(北部紅河デルタ地方ハイフォン市)が開発中で、2020年度下期にオープン予定となっている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)