ドル円は東京時間に109円72銭まで上昇したが、NYでは一転して大きく売られる。トランプ大統領がブラジルとアルゼンチンからの鉄鋼・アルミに対して関税引き上げを発表。経済指標の悪化もあり、ドル円は108円92銭まで下落。ユーロドルも急伸。1.1091まで上昇し、今回も1.10を割り込んだものの底堅い動きが確認される。株式市場は大幅に続落。新たな貿易戦争と製造業の減速が重なり、ダウは268ドル売られ、今回の上昇局面で最大の下落。債券相場も下落。長期金利は1.82%近辺まで上昇。金と原油は反発。

11月製造業PMI(改定値)    →  52.6

11月ISM製造業景況指数     →  48.1

ドル/円 108.92 ~ 109.61

ユーロ/ドル 1.1019 ~ 1.1091
 
ユーロ/円  120.68 ~ 121.01

NYダウ  -268.37 → 27,783.04ドル

GOLD   -3.50  → 1,469.20ドル

WTI  +0.79 → 55.96ドル

米10年国債 +0.043  → 1.819%


本日の注目イベント

豪   7-9月期経常収支
豪   RBA、キャッシュターゲット
日   11月マネタリーベース
トルコ トルコ11月消費者物価指数
欧   ユーロ圏10月生産者物価指数
英   NATO首脳会議(ロンドン、4日まで)
米   11月自動車販売台数

 やはり米国の製造業はまだ回復基調にはないということでしょうか。昨日発表された11月のISM製造業景況指数は、「48.1」と、市場予想を下回り、拡大、縮小の分岐点でもある「50」を割り込んだままでした。これで、4カ月連続で、「50」を下回ったことになります。特に新規受注指数が「42.7」に低下し、今の景気拡大が始まって以降最低水準に並ぶ数字です。同指標は先行指数で、今後の景気を製造業の視点から予想するものですが、米中貿易戦争に対する不透明が依然として払拭できないという現状を表しているようです。「製造業の回復は予想以上に時間がかかりそうだ」といった声も聞こえてきました。同指数発表を受けて株価が大きく下げ、債券も売られる展開でした。さらに両市場の下落に拍車をかけ、ドル円を109円割れまで押し下げたのが、再び「タリフマン」こと、トランプ大統領の発言でした。

 トランプ氏はブラジルとアルゼンチンの鉄鋼・アルミニウムに対する関税を直ちに復活させると2日ツイッターで発表しました。その理由としてトランプ氏は、「甚だしい規模で自国通貨の切り下げを行ってきた。これは米国の農民にとって不利だ。従って、両国から出荷される全ての鉄鋼とアルミニウムに対する関税を直ちに復活させる」と語っています。突然復活した両国に対する関税引き上げは、2020年に大統領選を控え、支持層の柱である農家を意識した格好だと、ブルームバーグは報じています。これに対してブラジルのボルソナロ大統領は、経済閣僚と話してから対応したいと発言し、「必要とあればトランプ氏に話しをすることは可能だ。私には対話の経路が開かれている」と述べています。

 対中国との貿易合意が近いとされる中で、新たにブラジルとアルゼンチンに貿易戦争を仕掛けたトランプ氏ですが、これは米中貿易戦争ほど世界景気に影響を及ぼすものではないと思われますが、今後の展開には注視しなければなりません。また米中貿易協議の合意について、トランプ氏の側近であるコンウェイ大統領顧問は2日、年内の対中貿易合意は可能かとの質問に、「もちろん可能だ。中国次第だ。例えば12月15日は重要な日であり、中国がそれを分かっていると確信している」と答えています。一方でロス商務長官はFOXビジネス・ネットワークに対して、「論理的な期限は12月15日だ。現在とその日までの間に何も起きなければ、トランプ大統領は関税を引き上げる考えであることをかなり明確に示している」と語り、中国に対する強硬な姿勢を維持するとともに、あくまでもボールは中国側にあるとしています。今回のブラジルとアルゼンチンに対する突然の関税引き上げ宣言も、個人的には、中国に対するけん制という意味合いも含んでいるような気もします。

 上述のように、新たな貿易戦争と製造業の減速を示す指標にドル円は109円を割り込み、108円92銭まで売られました。今回のドル円と株式の上昇局面では、昨日の下落幅は両市場ともに最大の下げを見せました。ドル円は、それでも長期金利が上昇していることから、ドルのサポート材料にはなりそうで、108円台後半まで売られたものの、チャートではまだ大きな変化はありません。懸念されるのは米株式市場でしょう。この欄のコメントでも何度か触れましたが、米国株の上昇はややバブル化したと見られ、大幅下落はいずれあると予想していましたが、問題はここが「下落の始まり」なのかどうかを見極める必要があるということです。昨日は恐怖指数の「VIX指数」も18%ほど下げています。今後の動きを注意深く見ていかなければなりませんが、米国株の本格的な調整が始まるようだと、ドル円も徐々に下値を切り下げてくる可能性があります。本日のドル円は108円60銭~109円30銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)