シンガポールの土木および構造工学コンサルタントのWMCHが29日、香港GEM市場に新規上場した。公募価格0.40香港ドルに対し、初値は0.48香港ドル。公募価格を20%上回るスタートになった。
 
 同社はシンガポールで13年間の経験を持つ土木、および、構造工学のコンサルタント会社。2009年にベトナムに進出した。従来型の土木、構造コンサルに加え、PPVC(Pre-fabricated Pre-finished Volumetric Modular Construction)といわれる新工法のコンサルも行っている。
 
 2018年12月期の売上高は1035万シンガポールドル(前期比22.62%増)、税前利益は189万シンガポールドル(同39.65%減)。(イメージ写真提供:123RF)