GDPなど、米景気の堅調さを示す指標が相次ぎ、株価が連日で最高値更新を見せたことでドルも109円50銭を上抜け。一時109円61銭までドル高が進み、半年ぶりのドル高水準に。ユーロドルもドル高に押され、1.10を割り込んだものの、1.0993で下げ止まり反転。株式市場は3日連続で最高値を更新。GDPが上方修正されたことで株価を押し上げた。ナスダックは初の8700ポイントに乗せる。債券は反落。長期金利は1.76%へと上昇。金と原油はともに反落。

10月耐久財受注            →  0.6%
7-9月GDP(改定値)        →  2.1%
 新規失業保険申請件数          →  21.3万件
11月シカゴ購買部協会景気指数     →  46.3
10月個人所得             →  0.0%
10月個人支出             →  0.3%
10月PCEコアデフレータ       →  1.6%
10月中古住宅販売件数成約指数     →  3.9%

ドル/円 109.14 ~ 109.61

ユーロ/ドル 1.0993 ~ 1.1013
 
ユーロ/円  120.11 ~ 120.59

NYダウ  +42.32 → 28,164.00ドル

GOLD   -6.60  → 1,460.80ドル

WTI  -0.30 → 58.11ドル

米10年国債 +0.024  → 1.765%

本日の注目イベント

日  黒田日銀総裁講演
独  11月消費者物価指数(速報値)
欧  ユーロ圏10月マネーサプライ
欧  ユーロ圏11月消費者信頼感指数
米  株式、債券市場休場(感謝祭の祝日)

 連日最高値更新を続けている米株式市場は、昨日も米7-9月期GDP改定値が市場予想を上回ったことを好感した買いが指数を押し上げ、これで、3日連続で最高値を更新しました。ナスダック指数は初めて8700ポイント台に乗せ、S&P500も3150ポイントに乗せています。動きの鈍いドル円も、さすがにリスク選好が強まり、上値の重要なメドでもあった109円50銭を抜き、5月31日以来、約半年ぶりのドル高水準を記録しています。米長期金利も上昇してはいますが、ドル円との相関性はやや薄れ、むしろ株高がドル買いにつながっている側面が強いと見られます。

 米第3四半期GDP改定値は、速報値の「1.9%」から「2.1%」に上方修正されました。市場予想も上回り、景気減速が懸念されていた米景気は、むしろ盛り返してきていることが浮き彫りになり、8月下旬から9月にかけて発生した「逆イールド」は「杞憂」に終わる可能性も出てきました。
ただ、内訳を見ると、企業の設備投資は2.7%減と、GDPへの寄与度はマイナス0.36ポイントと大きく、やはり米中貿易戦争の不透明感を反映しているようです。それでも、この日発表された10月の耐久財受注では、設備投資の先行指標となるコア資本財の受注は市場予想に反し、今年1月以来最大の伸びを記録しています。一方でGDPを押し上げたのが寄与度0.17ポイントの在庫でした。昨日発表された経済指標を見る限り、米国の景気が底堅く、貿易戦争の渦中にいるわりには粘り腰を見せています。明日から始まる年末商戦次第ではさらに第4四半期も高水準を維持し、欧州や日本とは「格の違い」を見せつけることになるかもしれません。

 ドル円は109円61銭まで上昇したことで、「200日移動平均線」を明確に上抜けしました。もちろん、このままドルが上昇を続けるかどうかは不明ですが、少なくともテクニカル上はドルの上昇を想定する方が有利でしょう。この欄で、日足の「MACD」がデッドクロスしたことにも触れましたが、それでも「プラス圏」であることから、「それほど大きな下落は見込めない」といった内容のコメントも付記しました。その「MACD」も再びゴールデンクロスを見せています。ドル円でドル高が進行した割にはユーロドルではそれほどドル高は進んでいません。節目の1.10を割り込みましたが、すぐに押し戻された格好です。

 ドル円の上値のメドですが、既に日足では上方に目立ったレジスタンスはありません。110円が「心理的な節目」になることは当然ですが、その前に109円80銭前後がレジスタンスになる可能性があります。ここは「週足」の「雲の上限」にあたり、雲は抵抗帯と言われるものであることから、意識はしておくべきでしょう。ただ見て分かるようにこの雲はかなり薄く、それほど強い抵抗帯にはならないと思われます。むしろ、昨日も述べたように、株式市場では強気の見方が蔓延しており、何かのきっかけで利益確定の大量の売りを誘発するリスクもあります。その一つが、米中貿易協議の正式合意かもしれません。「合意が近い」とされていることから、早ければ今日にでもその可能性はあります。週末には、「ちょっと早いクリスマスプレゼント」が届くかもしれません。

 本日のドル円は109円10銭~109円80銭程度を予想します。NY市場は、本日は「感謝祭」のため休場で、明日も株式と債券市場は短縮取引となっています。本格的なクリスマス休暇に入る前に、何か予想外の動きがあるかもしれません。極端なポジションの傾きは避けるべきでしょう。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)