ドル円は小動きの中ややドルが買われ、108円73銭まで上昇。米中貿易協議を巡る好転観測や良好な経済指標がドル高につながった。ユーロドルは下値を切り下げ、1.1015まで下落。ドルが買われたことでユーロ売りが優勢に。
 株式市場は揃って反発。トランプ大統領が「中国との貿易合意は近い」と発言したことが材料に。ダウは4日ぶりに109ドル上昇。債券相場はほぼ変わらず。長期金利は1.77%台で推移。金は前日と変わらず。原油は続伸。


米  11月マークイット製造業PMI       → 52.2
米  11月マークイットサービス業PMI     → 51.6
米  11月ミシガン大学消費者マインド(確報値) → 96.8

ドル/円   108.53 ~ 108.73
ユーロ/ドル 1.1015 ~ 1.1061
ユーロ/円  119.57 ~ 120.13
NYダウ   +109.33 → 27,875.62ドル
GOLD   ±0      → 1,463.60ドル
WTI    +0.81   → 57.77ドル
米10年国債 -0.001  → 1.771%

【本日の注目イベント】

トルコ トルコ10月消費者物価指数
独   独11月ifo景況感指数
米   パウエル・FRB議長講演


 108円台半ばで小動きなドル円でしたが、発表された11月の製造業PMIなどの経済指標が予想を上回ったことや、トランプ大統領が「中国との貿易合意は近い」と述べたことが好感され、ドルがやや買われる展開になっています。

 トランプ大統領は22日、FOXニュースとのインタビューで、「私がいなければ、香港では数千人もの人々が殺されていただろう」と発言し、「彼が香港に介入しない唯一の理由は、貿易取引に影響を及ぼすことになると私が言っているからだ」と述べ、中国に対する貿易を巡る米国の強い姿勢が、香港情勢のさらなる混乱を抑制しているのだと強調しています。

 また、「私は香港を支持するが、中国の習近平主席も支持する」、「合意がまとまる可能性は非常に高いのが結論だ」とも発言しましたが、注目されている「香港人権法案」への署名については触れていません。その香港では昨日、区議会議員選挙が行われました。投票総数は過去最高となった模様で、香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)がまとめた調査では、民主派候補がすでに議席の4分の1以上を獲得しリードしているようです。また香港電台(RTHK)の報道でも、民主派の「地滑り的」勝利が早期結果で示されていると伝えています。最終結果は、本日朝方には判明する模様です。

 一方中国では、知的財産権の侵害に対する罰則を強化すると発表し、米国との貿易協議で争点になっている問題の一つに対処する姿勢を見せています。中国政府が24日発表した指針によると、知的財産権侵害で罰則を科すボーダーラインの引き下げも検討するとしています。(ブルームバーグ)

 筆者が愛用し、主な情報源として利用している通信社ブルームバーグの創設者である、マイケル・ブルームバーグ前NY市長が、大統領選の民主党候補指名争いに出馬することを正式に表明しました。同氏はブルームバーグ社の過半数の株式を所有しており、大富豪として知られていますが、同時に世界的な慈善活動にも積極的に私財を投じていることでも知られています。出馬にあたって同氏は、「ドナルド・トランプを打ち負かし、米国を立て直すために出馬する。大統領による無鉄砲で倫理観を欠いた行動がさらに4年間続くことに、米国は堪えられない」との声明を発表しています。また、「再選された場合、米国が受けるダメージは二度と修復できなくなるだろう」と警句しています。

 ブルームバーグ氏はこれまでに出馬を一旦見送った経緯がありますが、民主党の候補者レースで、トランプ氏と渡り合えるリーダーがなかなか浮上してこないことが背景にあったと見られていますが、民主党大統領候補者の党大会や演説会はすでに始まっており、正式な出馬が遅過ぎたとの印象は拭えません。バイデン、ウォーレン、サンダースの上位3候補にどこまで伍していけるのか、注目したいと思います。

 本日は香港での選挙結果が注目されます。

 ドル円は、108円40銭~109円10銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)