地場系コングロマリットであるビングループ[VIC](Vingroup)子会社のビンスマート(VinSmart)はこのほど、米グーグル(Google)との間で、スマートテレビ製造に関する提携契約を締結した。

  スマートテレビはハノイ市ホアラックハイテクパークにあるビンスマートの生産工場で生産し、今年12月に発売する予定。

  契約によると、ビンスマートはグーグルが提供する「Android TV(バージョン9.0)」を搭載した4K解像度の超薄型スマートテレビを生産する。また、音声検索やGoogleアシスタントなどの機能を搭載。グーグルプレイ(Google Play)やユーチューブ(YouTube)とも接続し、無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth、HDMIも装備する。

  このほか、ビンスマートはスマートテレビ製造にハイエンドオーディオテクノロジーを提供するドルビー(Dolby)、世界のチップセットメーカー大手とも協力している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)