ホーチミン市ビンタン区でイオンのベトナム4号店として2016年7月に開店した「イオンモール・ビンタン」は、オープン以来初となる大規模リニューアルを実施し、11月22日にリニューアルオープンする。

  今回は、「New daily life lifestyle」をコンセプトに、新たに38店舗を導入するほか、移転(8店舗)、改装(25店舗)を含めてモール全体の半数となる71店舗をリニューアルする。

  利用客に日常の便利さを提供するため、食品を中心とした新しいデイリーユーズ商品を取り揃えた専門店を導入する。また、既存の専門店でもデイリー商品をリニューアルし、拡充する。

  さらに、生活環境の変化による利用客のニーズに対応し、また新しいライフスタイルを提案すべく、ファッションを中心にアクセサリー・コスメ・雑貨などの幅広いニーズに応える専門店を導入する。

  このほか、モールの中心にあるセンターコートをリニューアルし、コートの両端には6面のデジタルサイネージを導入。迫力あるビジュアル、映像演出など様々なイベントで臨場感を実現する。2階にはベビールームを新設し、授乳室や赤ちゃんがくつろげるスペースを設けた。

  なお、イオンモール・ビンタンの敷地面積は約4万6000m2、延べ床面積は約11万4000m2、総賃貸面積は約6万m2。駐車場はバイク4000台、車1500台の規模。全館年中無休で営業している。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)