伊藤忠テクノソリューションズ <4739> は伊藤忠系のSI大手で、M&Aも活用して業容を拡大している。20年3月期増収増益予想である。第2四半期累計は大幅増益と順調だった。通期も収益拡大を期待したい。株価は01年来の高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■伊藤忠系のSI大手
 
 伊藤忠系のSI大手で、コンピュータ・ネットワークシステムの販売・保守、ソフトウェア受託開発、データセンターサービスなどを展開している。
 
 事業と密接な関連を持つ分野で、専門性の高い既存会社に積極的に資本参加することで、各機能・分野におけるプロ集団を拡充強化する戦略を推進している。19年9月にはASEAN地域でのビジネス拡大に向けて、インドネシアのCompnetおよびProsiaの2社を子会社化した。
 
■20年3月期増収増益予想で2Q累計大幅増益と順調
 
 20年3月期連結業績(IFRS)予想は、売上高が19年3月期比6.2%増の4800億円、営業利益が8.6%増の390億円、税前利益が8.9%増の395億円、親会社株主帰属純利益が9.7%増の270億円としている。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比9.5%増の2103億85百万円、営業利益が38.7%増の146億68百万円、税前利益が35.4%増の146億49百万円、親会社株主帰属純利益が34.8%増の98億93百万円だった。エンタープライズ分野、流通分野、広域・社会インフラ分野、その他分野の海外事業会社が伸長し、採算性改善も寄与して大幅増益と順調だった。
 
 通期ベースでも5G案件の継続受注、採算性の向上、リカーリングビジネス拡大の加速、M&Aを推進して増収増益予想である。収益拡大を期待したい。
 
■株価は上値試す
 
 株価は01年来の高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。11月15日の終値は2938円、時価総額は約7051億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)