英ブランドコンサルティング会社のブランド・ファイナンス社(Brand Finance)がこのほど発表した世界各国の国家ブランド価値を数値化したランキング「世界で最も価値のある国家ブランドトップ100」2019年版によると、ベトナムは前年の41位から42位に後退した。

  ベトナムの国家ブランド価値は前年比+5.4%増の2470億USD(約27兆円)で、この3年で8つ順位を上げて42位となった。この背景として、国内総生産(GDP)の順調な成長に加え、ビジネス環境の改善や製品と企業のブランド構築に向けた政府の対策が挙げられる。

  国家ブランド価値の増加率トップ5は、◇1位:ガーナ(+67.1%増)、◇2位:ウガンダ(+55.8%増)、◇3位:パラグアイ(+55.4%増)、◇4位:バングラデシュ(+53.8%増)、◇5位:エジプト(+50.1%増)となっている。日本の国家ブランド価値は前年の5位から4位に上昇した。

  世界の国家ブランド価値トップ5は以下の通り。カッコ内はUSD換算したブランド価値。

1位:米国(27兆7510億USD=約3000兆円)
2位:中国(19兆4860億USD=約2100兆円)
3位:ドイツ(4兆8550億USD=約530兆円)
4位:日本(4兆5330億USD=約490兆円)
5位:英国(3兆8510億USD=約420兆円)(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)