やや上値の重くなったドル円は欧州時間に108円90銭近辺まで下落したが、NYでは109円台に戻す。金利が動かなかったこともあり、その後は109円台前半で小動き。ユーロドルは小幅に反発したが、1.1030~40で一進一退。株式市場では上昇が一服。ダウは引けにかけて買われプラス圏で取引を終えたが、ナスダックとS&P500は反落。債券市場は休場。金は続落し、一時1450ドルを割り込み、3カ月ぶりの安値に。原油は4日ぶりに反落。

ドル/円 108.93 ~ 109.11

ユーロ/ドル 1.1031 ~ 1.1043
 
ユーロ/円  120.23 ~ 120.41

NYダウ  +10.25 → 27,691.49ドル

GOLD   -5.80  → 1,457.10ドル

WTI  -0.38 → 56.86ドル

米10年国債 → 1.942%

本日の注目イベント

豪 9月NAB企業景況感指数
日 10月マネタリーベース
中 10月財新サービス業PMI
独 11月ZEW景気期待指数
英 10月失業率
米 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
米 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演

 米債券市場が休みだったこともあり、米株式市場の動きもプラス・マイナスを繰り返した中で、ダウ以外は反落でした。ドル円も109円台を割り込み、108円90銭近辺まで売られたものの、NYの引け値では109円台に戻して取引を終えています。香港では警察官がデモ参加者に発砲する映像も流され、さらに情勢が緊迫してきました。また、米中貿易協議を巡る見通しも、依然として不透明感が拭いきれず、全体とすればややリスクオンが後退する状況でした。

 そんな中、話題の中心の一つは、アリババの「独身の日」です。1日の取扱高は2680億元(約4兆1670億円)余りと、過去最高の昨年を上回り、懸念されていた中国の消費意欲は依然として旺盛であることが確認された格好です。ただ、同セールは割引率が大きいだけに、アリババにとっての利益貢献度は未知数だとブルームバーグは伝えています。アリババは年内に香港での株式上場を予定しています。

 ジョンソン英首相が12月の総選挙で勝利する可能性が高まったとの見方が広がり、ポンドが大きく買われ、対円では2円ほど上昇しました。英ブレグジット党のファラージュ党首は、12月の総選挙で与党・保守党とは争わない方針を表明しました。この結果、総選挙後もジョンソン氏が首相に留まる確率が圧倒的に高いと予想されています。同氏は、会合出席後にビールを片手に「ブレグジット達成まで禁酒だ」とご満悦でした。また英国の7-9月期GDPが前期比0.3%増と、市場予想を下回ったものの、かろうじてマイナス成長にならず、リセッション入りを回避できたこともポンド買いにつながったようです。

 日米ともに株価は堅調に推移しています。NYダウは昨日も小幅ながら続伸し、最高値を更新しています。米国人にとって、株価の上昇は資産効果を高め、個人消費をサポートすることにつながります。加えて、失業率も極めて低く、労働市場も底堅く推移しています。心配された「逆イールド」も解消され、2年債と10年債のスプレッドは足元では0.27%ほどに拡大し、スティープ化が進んでいるように見受けられます。このような状況からすると、米経済がリセッションに陥る可能性はかなり低いと見られます。一方日本では、企業の四半期決算がピークを迎えましたが、新聞の決算欄と見ると、「減益幅拡大」、「一転減益」、「赤字に転落」といった文字が目に付きます。増益の企業もあるようですが、おおむね厳しい決算に直面しています。昨日発表された「景気ウォッチャー調査」でも、景況感が急速に悪化していることが確認されました。それでも日経平均株価は上昇しており、安値で放置され、出遅れていたとはいえ、やや違和感を覚えます。

 本日も重要な材料がない上、明日はパウエル議長の議会証言もあり動きにくい展開が予想されます。日本株も昨日と同じように上昇も一服かと思います。ドル円の予想レンジは108円70銭~109円30銭程度でしょうか。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)