米中貿易協議の合意に伴う署名が12月にずれ込むとの報道からドル円は108円81銭まで売られたが、その後は109円に戻す。結局、大きな動きにはならず109円前後で取引を終える。ユーロドルは徐々に水準を下げ、この日は終始1.11を下回る取引に。株式市場は米中貿易問題をめぐるネガティブな報道に上昇は一服。前日とは正反対にS&P500は上昇し、他の2指数は小幅に反落。債券は反発。長期金利は1.82%台へと小幅に低下・・・・

続きを読む