ドル円は緩やかに上昇し、108円65銭まで買われる。米中が「第一段階」の通商合意署名場所を米国内で検討しているとの報道が円売りにつながった。ユーロドルはドルが買われたことで1.1125まで下落。1.11台後半が徐々に壁になりつつあるとの見方が強まる。株式市場は揃って続伸し、ダウは7月以来約4カ月ぶりに最高値を更新。S&P500、ナスダックも連日の最高値更新。米中関係の好転が支援材料に。リスク回避の流れが後退し、債券は下落。長期金利は1.77%台へと上昇。金は小幅に続落し、原油は買われる。

ドル/円 108.37 ~ 108.65

ユーロ/ドル 1.1125 ~ 1.1159
 
ユーロ/円 120.81 ~ 121.08

NYダウ  +114.75 → 27,462.11ドル

GOLD   -0.30  → 1,511.10ドル

WTI  +0.34  → 56.54ドル

米10年国債  +0.067  → 1.777%


本日の注目イベント

豪 RBA、キャッシュターゲット
日 10月マネタリーベース
中 10月財新サービス製造業PMI
中 10月財新コンポジットPMI
欧 ユーロ圏9月生産者物価指数
米 9月貿易収支
米 10月ISM非製造業景況指数
米 カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
米 カプラン・ダラス連銀総裁講演

 NY株式市場では出遅れていたダウ工業株も連日の急騰で7月以来となる史上最高値を更新し、一足先に連日で最高値を更新中のナスダックとS&P500も上昇したことで、主要3指数が揃って最高値を更新しました。株価の上昇がリスクオンにつながり、ドル円は108円65銭までドル高、円安が進んでいます。債券市場でも債券が売られ、長期金利の上昇がドル円を支える展開です。

 リスクオンを促したのは、米中関係の好転です。中国の習近平主席がトランプ大統領と米中通商協議の「第一段階の合意」に署名する場合の首脳会談開催地について、米国内の場所を検討していると、報じられたことが好感されました。中国側は「第一段階」の通商合意で習主席が訪米する場合には、「国賓」として公式訪問することを望んでいるようです。また、ロス米商務長官はタイのバンコクで中国の李克強首相と会談するにあたって、中国との通商合意第一段階について、「順調に進展している」と発言し、トランプ大統領もこれより前に記者団に対して、合意がまとまれば米国内のどこかで署名されることになると語っています。(ブルームバーグ)

 中国共産党機関紙の人民日報系の新聞「環球時報」は、貿易交渉の進展に勇気づけられたとして、中国がWTOに最近認められた36億ドル(約3900億円)相当の米国製品への報復措置を見合わせる可能性があると報じています。根底には、大統領選ではやや苦戦するのではないかと思われるトランプ氏と、中国では景気減速が一段と進み、これ以上の悪化は避けたいといった思惑があり、米中関係の悪化は両者にとってもマイナスとの考えがあるものと思われます。

 NY株の上昇が続いています。先週行われたFOMCでは予想通り25ベーシスの利下げを行い、これで3会合連続の利下げになりました。利下げの影響から米住宅市場は好調さを維持し、さらに先週末の雇用統計でも非農業部門雇用者数が予想を上回ったことで、米景気は依然として「巡航速度」を保っていると見られます。一部、製造業の設備投資などに懸念材料が残るものの、全体としては好調な米経済と金利低下が株価の上昇につながっています。米ゴールドマンサックスは富裕層への助言で、「世界の中で米国株は独り勝ちだ」とし、米国株のオーバーウェイトを勧めています。その理由として、世界経済の成長が減速し、ドイツでは狭義のリセッションに陥る可能性がある中、米景気は中期的には他国よりも堅調に推移することを挙げていました。

 10月から年末にかけては株高だけでなく、ドル円もドル高に振れる傾向があり、今後ジリジリとドル高が進行する可能性も高まってきました。今後の材料は、米中通商協議の成り行きと、トランプ氏の弾劾問題、さらにはその先にある大統領選ということになりそうです。本日のドル円は108円30銭~109円程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)