インドネシアの配車サービス大手ゴジェック(Go-Jek)は、ベトナムをはじめとする海外市場の拡大に注力していく計画だ。

  この戦略においてベトナムは重要な市場の1つとなっている。ベトナムで展開する配車サービス「ゴーベト」は東南アジア地域で最も早いペースで成長しており、ゴジェックの海外市場における利用客数の60%をゴーベトが占めている。

  ゴーベトは2018年8月にベトナムでサービスを開始してから1年後の今年8月に輸送回数が1億回に達し、契約している運転手の数は12万5000人、レストランや飲食店の数は7万か所を超えた。

  さらに、直近2か月で運転手の数は+2万5000人、レストランや飲食店の数は+1万か所増加し、目覚ましい成長を続けている。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)