クリナップ <7955> はシステムキッチンの大手で、システムバスルームも展開している。10月31日に20年3月期第2四半期累計および通期の連結業績予想を上方修正した。収益改善を期待したい。株価は下値固め完了して反発している。戻りを試す展開を期待したい。
 
■システムキッチン大手でシステムバスルームも展開
 
 システムキッチンの大手である。厨房部門(システムキッチン)を主力として、浴槽・洗面部門(システムバスルーム・洗面化粧台)も展開している。19年3月期部門別売上構成比は厨房部門78.0%、浴槽・洗面部門15.6%、その他6.4%だった。
 
 19年3月期末のショールーム数は103ヶ所、来場組数は447千組だった。販売ルートは工務店を主力としている。収益面では新設住宅着工件数やリフォーム需要の影響を受けやすい特性がある。
 
 中期経営計画(18年~20年)ではビジョンに「暮らし価値創造企業Cleanupへの変革」を掲げている。重点施策として、高級・超高級市場への本格参入に向けた商品ラインナップの変革、シェア回復に向けたフラッグシップモデルの刷新、ショールームにおける価値提供の強化、アジア諸国向けステンレスキャビネットの本格展開、新たな販売チャネルとしてのECビジネス立ち上げなどを推進する。
 
■20年3月連結業績予想を上方修正
 
 10月31日に20年3月期第2四半期累計および通期の連結業績予想を上方修正した。
 
 第2四半期累計の予想は、売上高が前年同期比9.7%増の547億円、営業利益が22億円の黒字(前年同期は11億59百万円の赤字)、経常利益が22億50百万円の黒字(同10億95百万円の赤字)、純利益が15億50百万円の黒字(同12億86百万円の赤字)とした。
 
 期初計画は売上高514億円、営業利益3億円、経常利益3億30百万円、純利益50百万円だった。消費税増税前の駆け込み需要も寄与して売上高が計画を上回り、原価低減や販管費削減も寄与して各利益が計画を大幅に上回る見込みとなった。
 
 通期の連結業績予想は、売上高が19年3月期比3.4%増の1080億円、営業利益が24億50百万円の黒字(19年3月期は4億65百万円の赤字)、経常利益が25億円の黒字(同3億76百万円の赤字)、純利益が15億円の黒字(同7億04百万円の赤字)とした。配当予想は据え置いて19年3月期と同額の20円(第2四半期末10円、期末10円)としている。予想配当性向は48.8%となる。
 
 下期に駆け込み需要の反動減を考慮しているが、通期も期初計画(売上高1070億円、営業利益11億円、経常利益11億50百万円、純利益5億50百万円)を上回る見込みだ。中核ブランド刷新やショールーム強化などにより、中高級システムキッチンを中心に売上・利益拡大を図るとしている。収益改善を期待したい。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は下値固め完了して反発している。戻りを試す展開を期待したい。10月31日の終値は583円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS40円98銭で算出)は約14倍、今期予想配当利回り(会社予想の20円で算出)は約3.4%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1388円62銭で算出)は約0.4倍、時価総額は約218億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)