初値が公募価格を50%以上上回るような好調な状態が続いていた香港IPO市場が、23日に上場した快餐帝国(01843)以来、変調をきたしている。11月1日には今年6月の上場予定を先送りしたESR(01821)の大型上場を控え、香港市場の新規上場受け入れ能力を試されるような局面を再び迎えている。

 

 快餐帝国(01843)は、初値こそ公募価格(0.65香港ドル)を83%上回る1・・・・

続きを読む