トーセ <4728> は、23日に5円安の836円と反落して引けた。ただ、取引時間中は845円まで買われ、大引け値も25日移動平均線を前に下げ渋り、下値には売られ過ぎ訂正が続いた。同社株は、今年10月4日の8月期決算発表時、今2020年8月期業績を減収減益転換と予想したことで25日線水準で下値を確かめてきたが、25日線水準が岩盤としてほぼ固まったとのコンセンサスも形成され、減益転換予想は織り込み済みとの期待を高めている。前2019年8月期業績が、期初予想を上ぶれ増益転換率を拡大させて着地したことも、今期業績の再現が有力視され買い手掛かりとなっている。
 
■上ぶれ着地し大幅増収益着地となった前期業績の再現期待も底流
 
 同社の今2020年8月期業績は、売り上げ51億5200万円(前期比3.7%減)、営業利益2億2600万円(同37.7%減)、経常利益2億5800万円(同36.1%減)、純利益1億4200万円(同42.9%減)と予想されている。新たに策定した中期経営ビジョンに基づき、新組織体制下で意思決定の迅速化や事業推進力を強化し、全社的技術力、企画・提案力を向上させ、人材確保と育成に引き続き積極投資することなどが要因となる。配当は、年間25円(前期実績25円)を継続する
 
 ただ、前2019年8月期業績は、昨年10月の期初予想を売り上げが2500万円、営業利益が9100万円、経常利益が7200万円、純利益が5700万円それぞれ上ぶれ、前々期比18.5%増収、58.8%営業増益、51.1%経常増益、32.7%純益増益と増収増益転換率を拡大させて着地した。家庭用ゲームソフトの大型案件の開発が順調に推移し、販売費及び管理費が想定より減少したことが要因となっており、今期も、決算期の進行とともにこの前期業績の再現期待も高まる見込みだ。
 
■25日線固めも最終局面で値ごろゲーム株買いが加わり5月高値へトライ
 
 株価は、5月の5G(第5世代移動通信システム)関連の開発体制強化公表とともにストップ高を交え964円高値、9月のNintendo Switch向けの「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドRETRO」配信開始で929円高値とそれぞれ買い進まれ、足元は今期業績を織り込む25日移動平均線固めを続け、日柄的にも目先調整一巡を示唆している。PERは44倍台水準にあるものの、PBRは1.07倍、配当利回りは2.99%とゲーム関連株として割り負け、値ごろ妙味もあるとして底上げに向け再発進、まず5月高値964円奪回にトライしよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)