ドル円は東京時間に108円24銭前後まで売られたが、その後は徐々に盛り返す。NYでは米中関係のさらなる悪化懸念が後退したことで108円70銭まで上昇。ユーロドルは反発したものの、ECB理事会を控え値幅は限定的だった。1.1142までユーロが買われる。株式市場は揃って反発し、ダウは45ドル上昇。米株式市場は連日日替わりで上下を繰り返し、方向感が定まらない展開。債券相場は大きな動きがなく、長期金利も1.76%前後で一進一退。金は反発。原油は在庫の減少が材料視され大幅高。


8月FHFA住宅価格指数  → 0.2%

ドル/円 108.45 ~ 108.70

ユーロ/ドル 1.1112 ~ 1.1141
 
ユーロ/円 120.58 ~ 121.06

NYダウ  +45.85 → 26,833.95ドル

GOLD   +8.20  → 1,495.70ドル

WTI  +1.49  → 55.97ドル

米10年国債  +0.004  → 1.764%


本日の注目イベント

日  8月景気先行CI指数 (改定値)
独  10月製造業PMI(速報値)
欧  ECB政策金利発表
欧  ドラギ・ECB総裁記者会見
欧  ユーロ圏10月総合PMI(速報値)
欧  ユーロ圏10月製造業PMI(速報値)
欧  ユーロ圏10月サービス業PMI(速報値)
米  9月耐久財受注
米  新規失業保険申請件数
米  9月新築住宅販売件数
米  企業決算 → アマゾン、インテル、VISA、

 ドル円は昨日の東京時間朝方に、108円24銭前後まで売られる場面がありましたが、その後は日本株がプラスに転じると108円台半ばを回復し、NY時間には108円70銭まで上昇しています。底堅いというよりも、上下どちらへ動くにも勢いがなく、投資家も値幅の少なさから、短期的な値幅稼ぎに徹しているようです。NY時間では、トランプ大統領が先週発動した対トルコ制裁を解除することを明らかにしました。「われわれが不満に思うようなことが起こらない限り、制裁は解除される」と発表しています。また、中国が農産物や消費財の輸入を増やすとの報道から、米中関係の更なる悪化は回避できるとの見方も広がり、さらに中国が海外資本を呼び込む取り組みの一環として、海外企業による国内企業の株式への投資を認めると発表したことも、リスク選好に傾きドル円や株式を押し上げています。

 注目された米企業決算発表では、キャタピラーが通期の利益予想を下方修正しましたが、株価は一旦下げた後に反発して取引を終えています。また、ボーイングも7-9月期の調整後1株利益が市場予想を下回ったものの、墜落事故を起こした737MAXについては、2020年後半までには同機の生産機数が36%増加するという見通しを発表したことから株価は上昇しています。(ブルームバーグ)

 リスク選好の流れが強まる一方、英国では相変わらず混迷が続き、BREXITに対する市場の反応も徐々に低下傾向にあります。前日、離脱関連法案を短期間で審議する法案が否決されたことで、ジョンソン首相は厳しい状況に立たされています。今後は関連法案を再度審議するか、解散して総選挙に持ち込むといった次の一手が予想されているようですが、いずれも時間的に厳しく、今月末のEUからの離脱は難しい状況です。一方EU側は昨日、英国の除く加盟27カ国がブリュッセルで大使級会合を開き、英国が要請した離脱期限の延期を全会一致で支持しました。ただ、この会合では最終的な決断は下されず、予備的な話し合いであったと、ブルームバーグは報じています。離脱期限まで一週間となり、ジョンソン氏の目指す今月末までの離脱は極めて難しいと言わざるを得ません。

 シカゴ先物協会が発表する「投機筋の建て玉」が約3カ月ぶりに変化を見せています。6月中旬以来「円買い・ドル売り」のネットポジションが続いていましたが、先週末に発表されたネットポジションは「円売り・ドル買い」に転じています。ネットで3131枚(1枚=1250万円)の円売りで、今後ドルが上昇することを見込んでいるものと思われます。もちろんこのポジション通りに為替が動くわけではありませんが、過去の動きを見る限り、ある程度の相関性が見られることも事実で、一つの参考として見ることができます。108円での一進一退が続いていますが、この先109円台に乗せる可能性も否定できません。

本日のドル円は108円30銭~109円程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)