ドル円は東京時間に108円24銭前後まで売られたが、その後は徐々に盛り返す。NYでは米中関係のさらなる悪化懸念が後退したことで108円70銭まで上昇。ユーロドルは反発したものの、ECB理事会を控え値幅は限定的だった。1.1142までユーロが買われる。株式市場は揃って反発し、ダウは45ドル上昇。米株式市場は連日日替わりで上下を繰り返し、方向感が定まらない展開。債券相場は大きな動きがなく、長期金利も1.76%前・・・・

続きを読む