ドル円は108円台半ばを挟んでもみ合い。材料難の中、米長期金利がBREXITの行方を巡り低下したことで、108円44銭まで売られる。ユーロドルは小幅に下落。英議会の混乱から1.1117まで売られ、前日の水準を切り下げる。

 株式市場は小幅に下落。前日は揃って上昇したが、この日はBREXITの不透明さが重石となり、ダウは39ドル下げる。債券相場は小幅に上昇。長期金利は1.76%へとやや低下。金は反落し、原油は続伸。


9月中古住宅販売件数 → 538万件
10月リッチモンド連銀製造業指数 → 8

ドル/円   108.44 ~ 108.63
ユーロ/ドル 1.1117 ~ 1.1154
ユーロ/円  120.58 ~ 121.05
NYダウ   -39.54 → 26,788.10ドル
GOLD   -0.60  → 1,487.50ドル
WTI    +0.85  → 54.16ドル
米10年国債 -0.039 → 1.761%

本日の注目イベント

欧  ユーロ10月消費者信頼感指数(速報値)
米  8月FHFA住宅価格指数
米  企業決算 → イーベイ、キャタピラー、テスラ、ブラックストーン、ボーイング、マイクロソフト

 ドル円は引き続き108円台で推移し、値幅も限定的となり、やや膠着感が強まってきました。日米欧中銀の金融政策決定会合前ということもあり、材料難から取引を手控える市場参加者も多いのではないかと思われます。これが「嵐の前の静けさ」なのか、あるいは単なる相場の手詰まりなのか、現時点では分かりませんが、前者であることを願っています。

 BREXITを巡りイギリス議会は依然混沌としています。ジョンソン首相はEUと合意した離脱協定案を速やかに実現させる計画を議会が阻止したことでポンドは売られています。首相が離脱計画を実現するために必要な関連法「離脱協定法案」を短期で審議する提案について、英議会下院は反対322、賛成308の反対多数で否決されました。首相府の報道官は裁決後、政府は離脱協定法案を巡る議会の進行を一時停止するが、撤回はしないと発言していますが、これで残る9日でイギリスをEUから離脱させるジョンソン氏の計画は頓挫し、EU離脱の先行きは依然不透明のままです。

 米企業決算がピークを迎えます。これまでの決算発表では、IT関連企業の決算が比較的好調で、ナスダック指数を押し上げている面もあります。本日もキャタピラー、ブラックストーン、ボーイング、マイクロソフトなど、注目度の高い企業の決算発表が予定されています。その中でも特にキャタピラーは中国銘柄の本命といわれ、ある意味、米中貿易戦争を象徴する企業になります。

 好決算であれば、米中関係がポジティブに捉えられ、決算が悪ければネガティブに捉えられる可能性があり、ドル円の下押し要因と見ることができます。米中貿易に関連して、中国は米国に対する年24億ドル(約2600億円)相当の報復関税を求め、世界貿易機関(WTO)に協議を申したてました。米国は7年前のオバマ政権時代に感熱紙や圧力管、台所の棚など中国に対する相殺関税措置を発動しており、これを不当だとして申請したものです。(ブルームバーグ)米中貿易協議では部分合意にこぎつけたところで、これがあらたな火種になる可能性が懸念されます。

 日本でも四半期決算が来週あたりから本格化します。株価の行方がドル円にも少なからず影響を与えると思われ、東京タイムでは日経平均株価の動きにも目配りが必要です。

 本日も材料的にはパットしません。予想外のニュースでも飛び込んで来ないかぎり、大きな動きはないでしょう。本日のレンジは108円20銭~108円80銭程度と予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)