イワキ <8095> は医薬品・医薬品原料・表面処理薬品を主力とする専門商社である。メーカー機能も強化し、医薬品を中心としたヘルスケア・ファインケミカル企業集団を目指している。19年11月期営業増益・増配予想である。第3四半期累計は大幅増益だった。通期利益予想は上振れの可能性が高いだろう。株価は第3四半期決算発表を機に戻り高値圏から急反落したが、目先的な売り一巡して戻りを試す展開を期待したい。
 
■医薬品・医薬品原料・表面処理薬品を主力とする専門商社
 
 医薬品・医薬品原料・表面処理薬品を主力とする専門商社である。子会社の岩城製薬(医薬品)やメルテックス(表面処理薬品)のメーカー機能も強化し、医薬品を中心としたヘルスケア・ファインケミカル企業集団を目指している。
 
 事業区分は医薬・FC(Fine Chemical)事業(医薬品原料の製造・販売、医薬品の製造・販売、体外診断薬・研究用試薬・医療機器の販売)、HBC(Health & Beauty Care)事業(化粧品原料・機能性食品原料の販売、一般用医薬品・関連商品の卸売、化粧品通信販売)、化学品事業(表面処理薬品・電子工業薬品・化成品の製造・販売、表面処理設備の製造・販売)、食品事業(食品原料の製造・販売)としている。
 
 18年11月期の売上構成比は医薬・FC37%、HBC41%、化学品11%、食品7%、その他3%だった。
 
 中期的な事業基盤強化と収益拡大に向けて、医薬品事業での開発・受託の拡大、自社企画商品の開発強化、医薬品原料事業における市場シェア拡大、海外サプライヤーとの連携強化、岩城製薬の生産能力増強と新製品開発、メルテックスの新製品拡販、海外展開強化などを推進している。なお経営資源の集中化を図るため、動物用医薬品卸売の連結子会社2社(ホクヤク、エイ・エム・アイ)の全株式を19年9月譲渡する。
 
 中期経営計画(ローリング方式、19年11月期~21年11月期)では目標数値に、21年11月期売上高700億円、営業利益28億円、ROIC8.0%以上を掲げている。さらにグループ中長期ビジョンとして、売上高1000億円、ROIC10.0%以上を掲げている。配当方針は、安定的かつ業績連動性を持たせた「純資産配当率(DOE)下限1.5%で連結配当性向30%目途」としている。
 
■19年11月期3Q累計大幅増益で通期上振れの可能性
 
 19年11月期の連結業績予想は、売上高が18年11月期比4.9%増の630億円、営業利益が8.2%増の20億円、経常利益が横ばいの20億円、そして純利益が9.6%増の15億50百万円としている。配当予想(7月11日に上方修正)は1円50銭増配の年間12円(第2四半期末6円、期末6円)としている。3期連続増配である。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比5.1%増の463億96百万円、営業利益が20.4%増の17億円、経常利益が20.4%増の18億16百万円、純利益が12.0%増の11億46百万円だった。
 
 医薬・FC事業が12.4%増収、46.9%営業増益と牽引した。医薬品原料では新規中分子医薬品の取引開始、新規ジェネリック開発品の採用も寄与した。医薬品では主力の外皮用剤が好調に推移し、高薬価品の伸長も寄与した。HBC事業は機能性食品原料の既存品が落ち込み、0.6%減収で営業赤字化した。化学品事業は表面処理薬品の好調で8.6%増収だが、表面処理設備が低調で87.2%営業減益だった。食品事業は0.9%減収、営業赤字だった。
 
 通期も医薬・FC事業が牽引して3期連続営業最高益更新予想である。第3四半期累計の進捗率は売上高73.6%、営業利益85.0%である。通期利益予想は上振れの可能性が高いだろう。
 
■株価は目先的な売り一巡
 
 株価は第3四半期決算発表を機に戻り高値圏から急反落したが、目先的な売り一巡して戻りを試す展開を期待したい。10月18日の終値は459円、今期予想連結PER(会社予想連結EPS47円80銭で算出)は約10倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間12円で算出)は約2.6%、前期実績連結PBR(前期実績連結BPS591円72銭で算出)は約0.8倍、時価総額は約159億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)