ドル円は底堅く推移し、欧州時間には108円94銭近辺までドル高が進む。米経済指標がおおむね予想を下回ったことや、英国とEUが離脱案で合意したことによる、ポンド買いドル売りの影響もあり108円台半ばまで押し戻される。ユーロドルはBREXITの進展から続伸。1.1132までユーロ高が進む。ユーロ円も約3カ月ぶりに121円台を示現。

 株式市場は英国とEUと離脱案合意を好感して反発。ダウは23ドル上昇し、ナスダック指数も32ポイント高。債券相場は反落。長期金利は前日の水準を超え、1.75%台まで上昇。金と原油は続伸。


9月住宅着工件数          → 125.6万件
9月建設許可件数          → 138.7万件
10月フィラデルフィア連銀景況指数 → 5.6
新規失業保険申請件数        → 21.万件
9月鉱工業生産           → -0.4%
9月設備稼働率           → 77.5%

ドル/円   108.46 ~ 108.77
ユーロ/ドル 1.1102 ~ 1.1132
ユーロ/円  119.73 ~ 121.09
NYダウ   +23.90 → 27,025.88ドル
GOLD   +4.30  → 1,498.30ドル
WTI    +0.57  → 53.93ドル
米10年国債 +0.012 → 1.752%

本日の注目イベント

日  9月消費者物価指数
中  -9月GDP
中  中国9月小売売上高
中  中国9月鉱工業生産
欧  ユーロ圏8月経常収支
米  9月景気先行指標総合指数
米  対EU報復関税発動
米  企業決算 → アメックス、コカコーラ


 英国のEU離脱期限である10月末まで2週間を切った昨日、離脱条件を巡り英国とEU側が合意に達したというニュースが飛び込んできました。ただ、離脱協定案は英国議会で承認を得る必要があり、北アイルランドのプロテスタント強硬派、民主統一党(DUP)は支持できないとしており、英議会で承認されるかどうかは依然不透明です。

 ブルームバーグよると、DUPの不支持で議会での可決はかなり厳しいものになると見られ、ジョンソン首相が10月31日の秩序ある離脱を実現させるには、19日に予定されている採決で協定案に議会の承認を得なければならないとされています。DUPの党関係者3人は、同党議員は賛成票を投じないと述べており、北アイルランドと英国本土の間で税関検査が行われることなどに不満を表明しています。また、ジョンソン首相は7月の就任以来、一連の重要な採決では敗北が続き、下院で過半数も持っていないことから、承認を得られるかどうかは最後まで分かりません。ポンドドルはこの発表を受け、1.28近辺から200ポイント近く上昇しましたが、その後上述のように、英議会での承認が不透明だとの見方が広がり、元の水準に押し戻され、結局「往って来い」の展開でした。ユンケル欧州委員長は合意について、「満足だが、英国の離脱は残念だ」と述べていました。

 先週の米中閣僚級協議で部分合意した通商問題は、11月にチリで開かれるAPEC首脳会議まで新たな進展はないものと思われますが、米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、CNBCに対して、懐疑派の見方も尊重すると述べた上で、「勢いがあり、米中両国の合意がある」「それほど悲観的になるべきではない」と語っています。トランプ大統領は、APECでの首脳会議前に自身と習近平氏との署名はないだろうと述べています。

 2020年米大統領選の民主党候補指名争いが活発になってきました。現時点では、バイデン氏、サンダース氏、それに女性候補のウォーレン氏が有力と見られますが、その中でもエリザベス・ウォーレン氏に勢いがあるようです。今朝のブルームバーグは候補者の選挙資金に関する情報を伝えています。連邦選挙委員会(FEC)が15日に公表した資料によると、バイデン氏が7-9月に選挙運動に投じた資金1170万ドル(約19億2400万円)と、同氏がこれまで調達した資金を190万ドルを上回ったようです。有力候補が今の段階で資金が不足しているケースは珍しいと報じています。バイデン氏に残された手持ち資金は900万ドルを割り込んでおり、支持率上位5人の候補者の中で最も少ないようです。因みに、ウォーレン氏の手持ち資金はバイデン氏よりも1670万ドル多く、サンダース氏は2470万ドルも多いと伝えています。米大統領選には、途方もない資金が必要とされることは良く知られていますが、こうなると、トランプ氏が圧倒的に有利に思えてなりません。なにしろ、トランプ氏はフロリダのパームビーチに1万平方メートルの別荘地「マールアラーゴ」を所有しているほどです。

 ドル円は先週金曜日に108円台を回復して以来、一度も108円を割り込んでいません。上値は109円前後にある「200日の移動平均線」が意識されているためか、一気に上昇する気配ではありませんが、足元の動きを見る限り、108円台を固めているようにも見えます。また、テクニカル的にも上値を試すモメンタムになっていると見られます。今週水曜日の日経新聞は、ドル円の理論値は「108円30銭」と報じていました。この辺りが、居心地がいいということでしょうか。

 本日のドル円は108円10銭~109円程度を予想します。材料はやはり、明日のイギリス議会でしょうか。来週月曜日の「窓開け」には注意が必要です。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)