アスカネット <2438> (東マ)は遺影写真加工と写真集制作を主力として、葬祭市場をIT化する葬Techや、空中結像ASKA3Dプレートのエアリアルイメージング(AI)の事業化を推進している。20年4月期は一時的費用発生で減益予想だが上振れ余地がありそうだ。AI事業は本格受注・量産化への期待が高まる。株価は反発力の鈍い展開だが、一方では徐々に下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい・・・・

続きを読む