韓国のチャームビットグループ(Charmvit Group)はこのほど、ハノイ市人民委員会のグエン・ドゥック・チュン主席より、同市ソックソン郡タンミン村(xa Tan Minh)およびフーリン村(xa Phu Linh)で計画している複合競馬場建設案件の投資許可書を受領した。

  これに先立ち、グエン・スアン・フック首相は、ハノイ市の「2020年までの経済社会発展総合計画及び2030年までのビジョン」に同案件を追加することを承認していた。

  同案件は面積125haの用地で展開。3万人の収容が可能な競馬場のほか、ホテル、会議センター、リゾート別荘区などを併設する。投資総額は約5億USD(約540億円)。全体の完成時期は2024年の見通しで、完成すれば同市の観光サービスの多様化だけでなく、雇用創出や社会経済の発展にも繋がると期待されている。

  チュン主席は投資許可書の授与式で、ソックソン郡の関連当局に対して、投資主への用地譲渡に向けた土地収用を急ぐよう指示するとともに、2020年10月に競馬場が開業することを期待すると述べた。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)