先週末、米中貿易交渉の一部合意を受け108円62銭まで買われたドル円は小幅に反落。欧州時間には108円02銭まで下げたが108円台は維持し、NY時間には108円46銭まで反発。ユーロドルは1.10台前半で小動き。高値は1.1033.株式市場は3指数とも揃って反落。先週末に大幅上昇したが、中国がさらなる交渉を求めていることで今後の交渉難航も予想されることでダウは29ドル安。債券は続落。長期金利は1.73%近辺まで上昇。金は反発し、原油は反落。

ドル/円 108.22 ~ 108.46

ユーロ/ドル 1.1018 ~ 1.1033
 
ユーロ/円 119.33 ~ 119.56

NYダウ  -29.23 → 26,787.36ドル

GOLD   +8.90  → 1,497.60ドル

WTI  -1.11  → 53.59ドル

米10年国債  +0.059  → 1.729%


本日の注目イベント

豪   RBA議事録
日   黒田日銀総裁講演
日   日銀さくらリポート公表
日   8月鉱工業生産(確定値)
中   中国9月消費者物価指数
中   中国9月生産者物価指数
独   独10月ZEW景気期待指数
英   英9月失業率
英   カーニー・BOE総裁議会証言
米   10月NY連銀製造業景況指数
米   2500億ドル相当の中国製品対する追加関税発動
米   企業決算 → シティーグループ、JPモルガン、ウェルズファーゴ、ジョンソン&ジョンソン、ブラックロック
米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
米   ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
米   デーリー・サンフランシスコ連銀総裁講演

 先週2日間の日程で行われた米中通商協議が「部分的合意」に至ったことで、市場は一気にリスクオンに傾き、ドル円はこれまで「壁」になっていた108円台半ばを抜け、108円62銭までドル高が進みました。株式市場も「部分的合意」を好感し、ダウは319ドル上昇し、ほぼ全面高の展開を見せ、安全資産の債券は下落し、長期金利が上昇しています。

 合意内容は、中国が米農産品を400-500億ドル(約5兆4000億円)輸入することや、中国を為替操作国に認定している件については今後検討すること。さらにはファーウェイへの禁輸措置についても、今後協議を行うというものです。これら「部分的合意」に達したことで、トランプ政権は本来なら本日15日から発動予定であった中国製品2500億ドルに対する制裁関税を延期することを決めています。「部分的合意」の可能性は予想されていましたが、これまでトランプ大統領は「部分的な合意はしない」と明言していたことから、合意は難しいと個人的には予想していました。この辺りの方針変更も、いかにもトランプ流と言えます。最初に脅しをかけ、その後相手の出方を見極めながら、手綱をゆっくりと緩めていくやり方です。

 昨日は先週末と異なりややリスクオンの流れが後退しました。中国側が詳細を詰めるためのさらなる協議を早ければ今月末にも持ちたい意向を示し、習近平主席が署名に合意するのは、その後だと主張しているようです。また、米国は本日発動する予定だった関税引き上げを見送りましたが、12月に予定している関税引き上げについては保留しています。中国側はこの関税引き上げも撤回を望んでいると、ブルームバーグは報じています。ムニューシン財務長官は14日にCNBCとのインタビューで、米中が第一段階の合意署名できるよう両国当局者が今後数週間かけて作業する。これが実現しなければ、12月15日に予定している追加関税の発動に踏み切ると述べています。同時にムニューシン氏は、トランプ氏と習氏が来月チリで開かれるサミットで最終合意する見通しだとも述べています。

 米中貿易戦争については、ひとまず最悪の事態は避けられることになりましたが、EUに対する関税引き上げは18日に発動される予定で、さらに米国はトルコに対する鉄鋼関税を50%に引き上げるとともに、貿易協定を巡る交渉を停止することを明らかにしています。目先の最大の貿易摩擦は回避できましたが、まだ米国で発生した「関税引き上げ」という嵐は猛威を振るいそうです。

 ドル円は108円台半ばを超え、さらには「120日移動平均線」も超えてきました。円高材料が多く見られる中、テクニカルの示唆が優勢な展開です。次の上値のメドは「200日移動平均線」がある、109円前後ということになります。本日のレンジは108円~108円70銭程度を予想します。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)