ドル円は東京タイムから緩やかに上昇し、欧州時間からNY時間の朝方にかけて108円47銭までドル高が進んだが、その後急速に値を崩す。9月のISM製造業景況指数が予想を下回ったことで、107円63銭前後まで売られる。ユーロドルも反発。1.09台を回復し、1.0943までユーロ買い戻しが進む。

 低調な製造業の指数を受けて株式市場は大幅安。ダウは343ドル下落し、11セクター全てが下げる全面安に。債券相場は4日続伸。長期金利は1.63%台へと低下。前日大きく売られた金は反発。原油価格は低調な製造業指数に反応し、3日続落。


9月ISM製造業景況指数 → 47.8
9月自動車販売台数    → 1719万台

ドル/円   107.63 ~ 108.45
ユーロ/ドル 1.0885 ~ 1.0943
ユーロ/円  117.67 ~ 118.14
NYダウ   -343.79 → 26,573.04ドル
GOLD   +16.10  → 1,489.00ドル
WTI    -0.45   → 53.62ドル
米10年国債 -0.029  → 1.635%

本日の注目イベント

米  9月ADP雇用者数
米  バーキン・リッチモンド連銀総裁講演
米  ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁講演
米  ウィリアムズ・NY連銀総裁講演


 今週は、週末の雇用統計とともにISM製造業景況指数も注目されていましたが、昨日発表された同指数が金融市場に大きなインパクトを与えました。供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業景況指数は「47.8」と、2カ月連続で節目の「50」を割り込み、2009年6月以来、10年ぶりの低水準でした。この結果を受け、米景気のリセッション入りの可能性が高まったとの見方からドル円は売られ、株安、債券高から長期金利も低下しています。商品市場でも、今後経済活動が鈍化するとの観測から原油が売られ、リスクオフの流れに沿って金が買われています。

 同指数の内訳を見ると、生産指数が「47.3」と、10年ぶりの低水準を示し、雇用指数も「46.3」に沈んでいます。同指数は8月も市場予想を大きく下回り、警戒感が出ていた状況でしたが、10年ぶりの低水準を示したことで、比較的好調な米景気の中でも「製造業」がすでにピークアウトした可能性もあり、8月末から9月に掛けて発生した「逆イールド」を裏付ける格好になっています。足元の2年債利回りは1.54%台であることから、「逆イールド」は発生していませんが、リスクオフが進み長期金利がさらに低下するようなら、再び発生することも予想されます。この結果を受けて金利先物市場では今月のFOMCでの利下げ確率も62.5%まで上昇して来ました。

 中国では昨日建国70年を迎え、軍事パレードや習主席の演説など、記念式典を行いましたが、香港では参加者が全体で数万人に達する大規模な抗議デモが行われました。そんな中、警察とデモ隊が衝突し、香港警察官の発砲により18歳の高校生が重体となる事態が発生しました。習主席は演説で、中国本土と香港は一体だと強調し、「一国二制度」は維持していく考えを示しましたが、香港でのデモには言及せず、「いかなる勢力も偉大な祖国の地位を揺るがすことはできない」と、米国を念頭に置いたと思われる内容の演説を行っています。香港でのデモは収まる気配がなく、さらにデモが過激になると、隣接する深センで待機する軍隊の出動につながる可能性もあり、米中の溝がさらに深まることにもなります。

 ドル円は今回も108円台半ばで上昇を抑えられ反落しています。先月18、19日にも108円48銭近辺までドル高が進んだものの、108円50銭を超えられず、今回も同じような動きでした。108円台半ばが徐々に「壁」になりつつあります。一方、日足では、4月に付けたドルの高値である112円40銭を頂点に描ける「レジスタンスライン」を上抜けしたところで推移しており、107円30-40銭がサポートになっていると見られます。従って、このレベルをしっかりと下抜けするようだと、再びドルの底値を探る動きが想定され、逆にここが維持できるようなら、再び上昇に転じる可能性もあると見ています。

 トランプ大統領に対する弾劾調査問題や「BREXIT」、米中通商協議など、先行き不透明な問題がありますが、ここは予断を持たずに臨みたいところです。「BREXIT」を巡っては、ジョンソン英首相は、EU離脱に関する最終案を2日にEU側に送り、EU当局が積極的に協議に応じない場合は、話し合いの席を立ち、合意がないまま英国をEUから離脱させると警告しています。(ブルームバーグ)

 また、閣僚級の米中通商協議は来週、10,11日にワシントンで再開される見通しですが、それを前に中国の国有企業と民間企業が合わせて最大100万トンの米国産大豆を購入したことが明らかになっています。米国側には好印象を与えるものと思われます。

 本日のドル円は107円30銭~108円程度を予想しますが、米国株が大きく下げており、その影響で日本株がどの程度下げるのかにも影響されそうです。日経平均株価が500円以上下げるようだと、上記レンジの下限を割り込むかもしれません。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)